« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

階段下収納の基礎利用は?

一戸建住宅ブログランキング

我が家の階段下収納は二つに分けています。

Ksyunou

左側はダイニングから開閉するので、主に食品庫となります。
高さも一番高いところですので、奥が少し斜めになるくらいで、普通の収納と変わりありません。

右側の逆L字型の部分はリビングから開閉します。
入り口部分の高さは140cmくらい。
ドアは他の建具と同じ物ですので、開けると上半分は壁の状態です。

この逆L字部分を、
「基礎を利用して掘り下げる」か、
「そのまま床板を張ってもらう」かで迷っています。

基礎を利用すると、階段2段分ほど床が下がるので、天井高が高くなります。
入り口部分が140cmですので、降りれば170cmくらいになる予定で、私は身を屈める必要はなくなります。
くろちゃんもちょっと頭を下げれば大丈夫でしょう。

しかし、問題が有ります。

①床板を張らないので、湿気及び冷気がドアの隙間からリビングに入ってくる可能性がある。
②階段の分ほど、収納に利用できる面積が減る。

①の冷気は、いざとなればドアの内側に隙間テープみたいなのを貼ればいいかな?とも思いますが、せっかく断熱材の仕様をⅢ地域用に変更して、断熱効果を上げているので、矛盾している気もします。

そして②、基礎を利用しない時は↓
Ksyunouyuka
青の部分は、天井高は140cmから、階段4段分ほど徐々に高くなります。
オレンジの部分は140cmから、階段一段分低くなって、天井はフラットです。
一番奥に入れた荷物は、出し入れが困難なので、よく考えて入れなければいけません。
しかし、長い物も置けますし、置こうと思えば緑の部分にも物は置けます。
欠点は、全体的に天井高が低いことですね。
大人は必ず中腰、頭を打つ可能性も大です(笑)。
まぁ、所謂「蔵」も天井高140cmなので、同じ様な物ですが。

基礎を利用すると↓のようになります。
Ksyunou_kiso
階段部分にはもちろん、物は収納できません。
そして階段周辺にも、移動スペースが必要なので、収納スペースは床を張った時に比べると半減まではいかないかも知れませんが、結構減少します。
そして、コンクリがむき出しになります。
床に、後からすのこをひいて、階段部分にはカーペットを張ろうかと思っていますが、安全の面では少し心配です。
しかし、天井高が全体的にUPするのは魅力的です。
一番低いところでも160cmは確実にあるでしょう。
普段の出入りが容易な方が、活用しやすくなるかと思います。

こうしてみると②の収納に関しては、自分たちの「使い方次第」という気がしますが、気になるのは①の方です。

設計士さんが言っている「湿気&冷気」の問題。
実際どうなのでしょうか?
部屋に居て「スースー」と冷気が流れてくるのが感じられるのか、それとも設計さんが「少しのデメリットでも施主に伝えておく」ために言っているだけなのか・・・。
基礎利用にしておいて、実際寒ければ床を張れるのか、
逆に床張っといて、後から基礎利用に出来るのか、
グルグル考えが回って、まとまりません(@o@)。

確認申請出す時期なので、次の打ち合わせまでには決めておかないと。
一応、今は基礎利用することになっています。
大阪の展示場で見た時に、使いやすそうだったので。
でも展示場ですから、全館暖房入ってたし、階段幅も標準より広いし・・・
展示場と同じ様に考えてたら、痛い目あうでしょうか??

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

インテリアフェアへ

一戸建住宅ブログランキング

1月27日、インテリアフェアに行ってきました。

玄関周りで強烈な金額UPを受けているのに、家具まで買うお金があるの???って感じですが(笑)。
娘も一緒なので、あまりじっくり見ることは出来ませんでしたが・・・。

新規購入予定の家具は、TVボードとセンターテーブルです。
受付後、インテリア担当のMさんと間取り図を見て、設置場所の確認。
実際の家具の説明は家具メーカーの方がしてくれました。

先にテレビボードを決めて、それにあわせてセンターテーブルを選ぶことにしました。
色は、床と合わせるとミディアム系になるのですが、テレビ裏の壁の色を黒っぽくする予定なので、家具が浮いて目立たない様にダーク系に。

我が家のテレビボード用のスペースは150cm。
デザインと高さの兼ね合いで「これがいいじゃん!」と思ったのが有ったのですが、幅が166cmΣ(゜д゜lll)。
幅が長くなると、リビングのドアが開かなくなります(´Д⊂。
一つ小さいサイズは今度は110cmと短すぎ・・・。
後ろ髪を引かれつつも、断念しました。

見積りを出してもらったのは二つ。

①収納部分に扉のあるタイプ↓と(ピンボケですね(-_-;))
Tvkarimoku

②オープンタイプの↓。
Tvkosuga

センターテーブルもテレビボードと同じシリーズから選びました。
合計金額は約3万程①の方が高くなります。
扉タイプはちょっと高さが高いのが気になります。
床に座って見た時に、画面の位置が高すぎると疲れますから・・。
オープンタイプは、収納が少ないのが欠点ですね。

インテリア担当Mさんは、「値引率」の面で①を勧めてきました(笑)。
前回打ち合わせ時に「お勧めしたい物がある」と言っていたのも、①だったみたいです。

値段の差はともかく、収納の面を重視して①に決定しました。
通販で探して購入しようと思っていた家具ですが、実物を見て購入の方が納得できるし、搬入や設置も責任持ってやってもらえるので、こちらの方が安心ですね。
やっぱり?、予算オーバーしましたが(>_<)。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

分筆費用で大失敗をしたくろちゃんですが、
今回の家具購入では見事?消費税分値引きに成功しました。

5%が多いのか少ないのかは分かりませんけど(^_^;)。

でもこれ、インテリア担当のMさんが墓穴を掘っただけ、でもあります。

見積り提示の時に、「端数を取ってキリよく〇円で」と言ったのに、
くろちゃんに署名を求めた時には+消費税分が記載されてあったんですね。
それを見たくろちゃんが「キリよく〇円って言ったのに、増えてるじゃん(-_-メ)。」と署名拒否。

離れた場所で子守りをしていた私は見てないのですが、
くろちゃん曰く、一瞬Mさんの顔が強張り、慌てて「計算します!」って受付の方へ行ったそうです。
そして、めでたく見積価格=税込価格になったわけです。

まだ一度しか打ち合わせをしてないMさん、この件でくろちゃんに苦手意識を持たないかちょっと心配(^_^;)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

分筆費用はどれだけ要る?? 完結

一戸建住宅ブログランキング

分筆費用ですが、住林さんの見積りは50万。
義父がいろいろ聞いた話では、30万くらいで出来るかも、とのこと。

実際は・・・40万になりました。
分筆以外に、解体申請などの手続きも含みますが、予想より安くなりませんでした。
これには、くろちゃんが関係してます。

くろちゃん、義父、行政書士のMさんの3人が揃っていた時に
Mさん「住林さんは、いくらでやるって言ってます?住林さんよりはお安くしますよ」
くろちゃん「分筆だけで50万」と即答。
義父「(あほっ!金額言ったらダメじゃないか!)」

と、言うわけで、くろちゃんがバカ正直に見積り金額そのままを言ってしまった為に、予想より(予定より)高い金額になってしまいました(´Д⊂。

後からその話を聞いた私はショック・・ショッーク・・・ショッーーク!ですΣ(゜д゜lll)。
その時、もう少し低い金額を言っとけば・・・予定通りだったのに。
義父曰く、こちらから具体的な金額を言わないのが賢いやり方だそうです。
相手から言わせた方が、良い値段が出るとのこと。
流石、商売人ですね。
くろちゃんは、商売人にはなれませ~ん(ーー;)。

最後に義父から
「家を建てる時には扱う金額が大きくて、感覚が麻痺して10万とか言っても安く感じるかも知れないけど、実際に10万稼ぐとなれば大変な金額だから、冷静に考えないといけない」と忠告・訓示が。
確かに、10万くらいなら、やっちゃえ!付けちゃえ!って思うけど、それで引越し後の細々した家具とか小物を結構買えたりするんですよね~。
見積りと睨めっこして、冷静に考えなければ!

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

新・洗濯機登場!

一戸建住宅ブログランキング

今まで使っていた東芝洗濯乾燥機。
購入後4年目なのですが、既に数回の修理を経ています。
そして昨年末、再びエラー発生。
修理依頼をしたところ、「故障が多すぎますので・・・」と交換してもらえることになりました!

型落ち商品を予想していたら、何と昨年秋新発売の現行モデルです!
購入時つけた5年間保証が切れたら、買い換えようと思っていたので、交換が決まった時は「やった、やった~」!と小躍りしてしまいました(笑)。

「交換OK」の連絡があった4日後、我が家に新・洗濯乾燥機がやってきました。
東芝のTW180VE(ホワイト)です。
Sentakusin Sentakusin_1

洗濯機が新品になったのは嬉しいのですが、ちょっと使いにくい箇所があります。

ひとつは、洗濯物の出し入れ。
前の洗濯機は上から出し入れ出来たのですが、新洗濯機は前からになります。

写真でお分かりかもしれませんが、我が家の洗濯機は屋外。
差し掛けに置いてあります。

腰痛持ちの私は、洗濯物を出し入れする時に、なるべく腰を屈めたくありません。
すると、洗濯機の前にしゃがんで出し入れするのが楽な姿勢になります。
室内ですと膝を床につけるのですが、差し掛けでは・・・。
ですので、前からの出し入れはちょっと使いにくいです。
この点、サンヨーのアクアは背が高い分使いやすそうだったなぁ・・・。
新居に引っ越した後は、多少使いやすくなるでしょう。

二つ目は、洗剤投入口。
開けるのはスムーズですが、閉める時に引っかかって毎回やり直さなければ閉まりません。(私のやり方が下手???)
ここは、ちょっと改良して欲しいですね。

この度の交換、東芝のサービスさんがしてくれるのかと思っていたら、来たのは前洗濯機の購入店のサービスさんでした。
ですので、東芝さんが全て負担して新品と交換したのではなく、「購入店の保証+東芝さん負担」となったのでしょう。
とすると、疑問に思っていた5年間保証の内容は、
「1回の修理費が購入金額を越えたら自己負担で、修理自体は何回でもOK」ということで合っていたのだろうと推測します。

新洗濯機の保証はメーカーの1年保証のみなので、今度こそ壊れないことを祈ります。

でも、洗濯機って本来そんなに壊れる物じゃないですよね~??

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

打ち合わせ(11)

一戸建住宅ブログランキング

1月21日、13時30分~住林ショールームにて11回目の打ち合わせ。

設計Tさんより、トステムのエントランスポーチの見積もり結果を聞く予定だったが、Tさん先週ずっと風邪で寝込んでいたらしく(苦笑)、進展なし。

今日は仕様確認のみだった。

・玄関ポーチの出幅(奥行き)は一番長い5尺(130cm)タイプ。

・外構では出入り口のスペースは100cm~120cmくらい開けるのが一般的だが丸窓側の出入りスペースが室内廊下幅位と少し狭くなるがどうする?壁で埋める?
→設計さんはしきりに狭いと気にしていたが、多少狭くても人が通れるなら開けとく

・横幅は両側にパネルのある一間タイプ、片側の0.75間タイプどちらでもいけそう
→両側パネルの方が見た目が良いが、カタログ価格で20万も差があるので片側のみの0.75間タイプで(´Д⊂

・軒天パネルに標準でダウンライトが付いているが、人感センサーが付いてるか確認
→軒天パネルってオプションだったはずなので、センサーないなら不要→カタログ見て再確認

・インターホンもパネルに付けられるけど?
→インターホン上に屋根がない&田舎なので近所のおばちゃんたちはインターホンに気付かない可能性があるので(笑)玄関側に付ける。

●その他確認

・今使ってる食洗機の取説渡す
→食洗機用に水栓設置

・階段踊り場にコンセント&階段上り口にフットライト用コンセント追加
→インテリアコーディネーターのMさんの勧めで、フットライト用のコンセントを、コンセント付きのフットライトに←後でホームセンターで後付のフットライト見ると値段の差が激しいので、重要な階段上り口と、トイレ前以外はコンセントに戻してもらおう

・1階廊下に花の額を掛けたいけど、補強とか要る?
→丁度引き戸の裏側で補強は入らない→ピクチャーレール使用。ワイヤーは一つ。

・ホスクリーンの変更
2階ホール→ロングタイプに
ベランダ→上下スライドする物でアームの長さは70cm

30分くらいで設計Tさんは退席。(別の打ち合わせが入ってた為)
後はインテリアコーディネーターのMさんと照明・カーテンの種類について決めていく。
前回打ち合わせの時に、紹介してもらっただけなので、ちょっとお互いに様子見みたいな感じ(笑)で始まった。

●配電図を見ながら照明の確認

「照明、どんな感じにしたいです?」
「基本天井付けのシーリングで、ペンダントタイプは埃がたまるので要りません」
ペンダントタイプはおしゃれだけど、ずぼら主婦の私、そのうち埃まみれになりそうなので、最初から除外に。予算もあるし(^^ゞ。

廊下、勝手口、2階ホール、リビングの畳が丘の上、書斎がダウンライト。
寝室もダウンライト×4個で調光付き。
トイレは壁付き×2。
階段下収納、クローゼットは普通の直管蛍光灯。
リビング・ダイニング・義父部屋はシーリング。
2階ゲストルーム・子供部屋もシーリングで施主支給。
ベランダにも一つ照明をつけることに。


●カーテン

・リビング→掃き出しが二つだが、一つは外にブラインドシャッター、もう一つはベランダ下のポーチみたいなので目隠しできるので、ロールスクリーンのみで。
窓枠を隠すか迷ったが、窓枠内に納める。

・ダイニング掃きだし→コンロ側なのでカーテンは×。IHだけど気分的にイヤなので(笑)。
ロールスクリーンと迷ったが風が通るバーチカルブラインドに。

・義父部屋 →掃きだしから出入りがあるので普通にカーテン。

・書斎 と寝室の仕切り→ロールスクリーン

・寝室→ シェード

・ゲストルーム →プチ「ホームシアタールーム」なので、遮光性を考えて窓枠隠す様にロールスクリーン。

・子供部屋、2階ホール → カーテンレールのみ取り付け

以上の様に照明・カーテンの種類を決めた。
具体的な話は次回Mさんからの提案を受けてから。
どんな照明・カーテンを提案してくるか少し楽しみ。

次回打ち合わせはちょっと時間開いて2月8日。
3月初めには解体するのに間に合うのだろうか?

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

打ち合わせ終了後、Mさんが
「設計のTに何かお伝えすることはありませんか?」

うーん、さっき会って思いつくことは言ったしなぁ・・・

くろちゃん「そういえば(営業の)Oさんは何してるの?最近会ってないけど」
Mさん「Oですか?そうですねぇ、あまりここには居ないですねぇ」
私「営業さんだから、営業してんじゃないの?」

なんて会話をして帰ったら、営業Oさんから電話が掛かってた(笑)。
Mさん律儀にOさんに連絡入れたみたい。
その辺の社内連絡はシッカリしてますねぇ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

分筆準備

一戸建住宅ブログランキング

契約時から、いろいろと問題になっていた分筆ですが、私の知らないところで着々と準備が進んでいました。

まず、土地の測量です。
分筆をお願いすることになったMさんが衛星(写真?)を使って、簡単に測量したそうです。
(義父から聞いた情報ですので、私もよく分かってません(汗))

そして今度は両隣の地主さん立会いの元で、境界線の確認です。
測量した図面を見ながら義父、Mさん、両隣の地主さんの4人で確認。義父のお父さん世代たちが口約束で決めていた箇所の境界線も、一応これで明確になりました。

義父曰く、少し土地が広くなったそうです。
境界に建っているブロック塀の内側で計測していたところ、
お隣さんから「ブロック塀の真ん中が境界だ」と言われたので、
5cm×数メートル分くらい広くなったそうです(笑)。

境界線が明確になったので、Mさんが図面・書類を作成し、
義父・両隣の地主さんの3人が捺印して、無事確定しました。

分筆線の確認も年末に設計Tさんと直接会って確認済みとのこと。

後は分筆→地番確定→解体申請・・・と進むようです。
Mさんと設計Tさんとで進めて貰うことになります。
Mさんの名刺をよく見ると「1級建築士&土地家屋調査士&行政書士」だそうで、安心してお任せできるかなぁって感じです。

Mさんにお願いするのはこの分筆と、解体に関する手続きのみで、新居の登記は住林さん指定(所属?)の方がすることになるそうです。

Mさんに全てお願いできれば、この辺の諸費用がもう少し安価でできるのですが、新居の登記にはローンのお金の振込み先・振込み時期などが関係するようで、住林さんが絶対に譲らないそうです。
一旦うちの口座に振り込んでもらって、自分たちで住林さんに振り込めば良いんじゃないの?って思うのですが。
ローン関係、仕組みがよく分かりません(^_^;)。

設計さんや営業さんを困らせても仕方ないので、あまり深く突っ込んで聞いていませんが・・・住林の会社としての方針なら仕方ないですね。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

適正な工期は?

一戸建住宅ブログランキング

リンクさせていただいているはちこさん邸の工期に関して、
何としても決算に間に合わせようとしたメーカー側の都合で、
通常より短い工期での完成・引渡しの予定を組まれてしまっていた事件がありました。

はちこさん邸は、何とか工期を適正期間に訂正してもらえたので、一安心ですが、
これから着工する我が家としても、自分たちの家が通常の工期で建てられるのか、それとも短縮されて、突貫工事の疑いがあるのか、非常に重要なことです。

我が家は解体・着工のスケジュールは大体出来ているのですが、
竣工・引渡し予定日はまだ一度も示されていません。
そこで、設計さんに聞いてみました。

すると「普通は、一坪3日で計算しますので・・・・7月初旬~半ばってところでしょうか」とその場で返事をしてくれました。
設計さんは、はちこさん邸のような事例があったことを知らないでしょうから「今住んでらっしゃるところの契約の都合ですか?」なんて聞いてきましたが。

「一坪3日」が基準。
我が家は約37坪ですから、37×3=111日です。
3月末に着工で、7月半ば竣工として、実質3か月くらいでしょうか?
これを事前に知っておけば、正式なスケジュールを出してきた時に、実際組まれている工期が正常なのか、短縮されているのかの判断に役立つかなと思います。

でも、まだ生産さんの担当が決まっていないらしく、
設計さんも「早く決めて欲しい」とぼやいていました。
工事が始まると、設計さんと生産さんの細やかな連絡が取れているかで、家の完成度も変わりそうですよね~。
まさか、担当大工さんも決まってないとか!???
うちとしては、早さより仕事の丁寧な大工さんをお願いしたいです。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

決定!?玄関位置

一戸建住宅ブログランキング

雨避けのため玄関位置を90cm下げる提案を受け、どうするか決断をしなくてはならなくなりました。
時間的には今月中に決めれば間に合うくらいなのですが、
設計さんの「時間が長いと考えがまとまらず、あれこれ悩んで決定できない」との言葉がもっともなので、今回の打ち合わせでスパッと決めるつもりで行きました。

90cm下げると水周りにゆとりがなくなり、階段の上がり口も変わるので、間取りとして余り納得できません。
45cmのみ下げて、お風呂縮小のみで済ませたいのが、私たちの希望です。

打ち合わせ前日にも設計さんに伝えていたので、
トイレの向き・位置を変えて、洗面脱衣所の広さを保つ案を考えてくれていました。
↓のようになります。
Genkanan2_2

洗面脱衣所は元よりは少し狭いですが、750洗面台+450収納+洗濯機を置ける広さは確保できそうです。
その代わり、犠牲となったのは勝手口です。
土間は半分に、下駄箱は消滅しました。

普通の家庭の勝手口なら、十分だと思います。
しかし、我が家の場合、勝手口は第2の玄関と言っていいほど頻繁に出入りします。
特に義父は、ハッキリ言って勝手口からしか出入りしないでしょう。
店舗に行かなければ車の鍵もありませんし(笑)。
私たちも、1日1度は必ず店舗へ顔を出すことになるでしょう。
勝手口には4人分の履物を常備しておきたいのです。
4人分の履物を置ける土間or収納できる下駄箱は必要です。

折角の案だったのですが、これもボツになりました。

結局45cmだけ下げて、外にエントランスポーチをつける方法にしました。
↓のようなものです。
Genkanmae
↓のような両壁は吹きつけタイプで、真ん中の格子は柿渋色の予定です。
Genkanpane

しかし、ここも問題があります。
カタログやメーカーサイトトステムHPを見ると分かりますが、
施工例に普通の瓦屋根に取り付けた物がありません。

瓦屋根に付けれるのか、
玄関部分だけフラットルーフにする必要があるのか、
ここで費用に随分差が出てしまいます。

もちろん外観も随分変わってしまいます。
設計さん曰く、デザイン的には大丈夫とのことですが、
ちょっと私の頭ではイメージしきれませんでした。

設計さんが「取り付け方法確認」と一緒に「値段交渉」も頑張りますといってくれたので、頑張りを期待したいです。
このエントランスポーチ&一部フラットルーフへ変更で、100万くらい見て下さいと言われてしまいました・・・・・。

100万・・・・ドドーンズズーンと圧し掛かってきます。
うぉぉおお、重いです┗(-_-;)┛。
早速費用削減のため、シーサンドコートINを諦めました(´Д⊂。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

打ち合わせ終了後、くろちゃんが
「トステムに写真撮っても広告に載せてもいいから、モニター価格で半額でやってって言って(笑)」
「私も大阪出身なので、値切りに抵抗ありませんから(笑)」なんて頼もしい?返事が。
へー、Tさんって大阪出身だったのか・・・・。
うちの営業&設計は大阪コンビだったことが判明。
契約の前の値引き交渉も手強かったけど、契約後は頼もしい交渉役かも(笑)。

大阪では「勉強して~」って必ずあるみたいですが、
この辺りでは店の言い値ですんなり買ったりしますからねぇ。
地域差って言うのは面白いです。
因みにくろちゃんも大阪に数年居ましたし、
私も大阪ではありませんが「買い物する時は必ず値切り」という地域で生活したこともありますので、
値切りにあまり抵抗無いですけどねΨ(`∀´)Ψ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

打ち合わせ(10)

一戸建住宅ブログランキング

1月12日、13時半~住林ショールームにて10回目の打ち合わせ。

最初にインテリアコーディネーターさんと顔合わせ。
私たちよりは10くらい年配?の女性Mさん。
次回、照明やカーテンなどの大体のイメージについての話をする予定だそうだ。
打ち合わせ開始早々に、次回の打ち合わせ日時を決めた。
インテリアコーディネーターさんは二人しかいないそうなので、Mさんの予定が最優先って感じかな。

●前回Tさんの宿題だった、キッチンの家電収納について。

生ゴミ処理機が置けるように,既製品がなければ造作で、と要望していたのだが、Tさんはなるべく費用を抑える為に、ヤマハの規格カップボードを多少変更する方法を提案してきた。
一番下を高さ90cmまでオープン、その上にも50cm高位の電子レンジ置き場、一番上は90cmくらいの吊戸棚、と言う組み合わせで、特注することになった。
扉が少ないほど価格は下がるので、特注だが金額UPはそれなりに抑えられそうな感じ。

●重大な、玄関位置について再検討。

私の希望は、45cmだけ下げてお風呂のみ縮小すること。
前日に電話でそのことを話していたので、設計Tさんもトイレ位置・向きを変えて、洗面所の広さを現在と同じくらい確保できる案を考えてくれていた。
すると、今度は勝手口の土間が半分に縮小、下駄箱スペースが消滅してしまった。

我が家の勝手口は、第2の玄関。
義父は勝手口からしか出入りしないだろう。
私たちも頻繁に勝手口を使用するので、勝手口の土間は4人分の履物が置ける広さ、又は土間は狭くても、数人分の履物が置ける下駄箱が必要。
そのため、なかなか良い案だったのだがボツになった。

やはり、どこかにシワ寄せはくる。
どこを犠牲にするか、どこを我慢するか・・・・。

私とくろちゃんの出した結論は、玄関は45cmだけ下げる。

そして雨対策として、トステムのエントランスポーチをつける。
持参したカタログを見せて、
「こういうの付けると規制とか建築法とかで引っかかりますか?」

「法律上は問題ありません。
気になるのは玄関上の庇部分が今の瓦屋根でも取り付けられるのか、それともフラットにしないとダメなのか、ということです。
お値段も併せてトステムに確認しましょう。」

犠牲になったのは費用・・・
金額の大幅UPは間違いなし!
苦しいが仕方ない????

北玄関の案は、結局言わなかった。
娘を預けに実家に言った時、両親に聞くと、やはり「北玄関は・・・・」と難色を示した為。
義父も多分気にするだろう。
病気になった時にあれこれ言われるのもイヤだし。

●こちらからの確認・要望

・洗濯機用水栓の高さ
洗濯機の買い替えを検討していた時に気になったサンヨーのアクア。
この洗濯機、背が高く120cmもある。
今の水栓位置が120cmなので念のため10cm上げとく?
→水栓位置を上げると窓の位置も上がるので、開閉し辛くなるのでお勧めしません
→ま、後5年は買わないだろうから、現状でいいことに
ついでに、水栓の仕様?形状?を確認

・洗面所壁補強の位置変更&コンセント追加

・クローゼット一部床補強
義父所有の本棚が、単体でかなり重いことが判明。
それに本を入れるとかなりの重量になるので、その部分床補強。
本棚の高さを伝えていたと思ったのだが、本棚設置予定の場所の枕棚の取り付け高が低く、本棚が入らない!
本棚上の枕棚はつけないことに。
危ないとこだった・・・・(汗)。

・外部コンセント 位置・仕様再確認

・食器洗い乾燥機用の水栓設置は誰がする?
→基本的にヤマハは施主支給品の設置はしない。
→次回説明書を持参する

・階段腰壁のガラスブロック
最初は3個設置予定だったが、2個一組販売なので4個にしていた。
しかし、やっぱり4個普通に並べるだけだと多すぎてクドイ気がするので、何かいい並び方はない?
→建築上言うと奇数の方が良いらしい
→ひとつ別の腰壁に移動して、即解決(笑)

・工期について
3月に初めに旧家解体、3月末に着工予定の我が家。
大体の竣工予定を聞いてみた。
どうやら1坪3日で計算するみたい。
我が家は約37坪だから37×3=111日。
設計さんの返事は7月初旬~半ば。
私は外構が全部終わってから引越ししたいので、
見学会もあるし、引越しはお盆くらいかな?。

●最後に外装とシーサンドコートINの色の確認。
外壁シーサンドコート516のサンプルに合わせて、再度付梁・破風・軒天などの色を確認。
前回決定した物と変更なし(笑)。
玄関ポーチの色が外壁などに比べて少し白すぎるかな?とも思うけど設計さんは「問題ない」というので信じよう。
ポーチぐらいなら後から変更できるし?

そして、シーサンドコートIN。
この色と塗る範囲も決めるはずで、設計さんもサンプルを持ってきたが・・・。
エントランスポーチの費用がかなりの金額になる為、
シーサンドコートINは全部取り止め(´Д⊂。
クロスでアクセントをつけることに。
ここにもシワ寄せが。。。。

次回打ち合わせは、1月21日13時半~、ショールームにて。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

県内最後の展示場へ

一戸建住宅ブログランキング

県内3箇所ある住林さん展示場のうち、まだ行ったことのなかったU展示場へ行ってきました。

洋風な外観で、私たちの趣向とは少し合わない感じがするので、今まであまり積極的に見に行こうと思わなかったのですが、打ち合わせの内容がクロスや照明などの内装の段階なので、やっと見学に行きました。
展示場と同じ市にできたコ○マにも行きたかった、というのもありますが(笑)。

展示場の総合案内所で受付をして、すぐ住林さんへ。
写真で見るよりはスッキリした感じです。
和室には、以前階段下に食器棚を置くことにしていた時やりたかった飾り垂れ壁?があり、「やっぱりいいなぁ」と思いました。
今は階段下は独立した収納にしてますから未練は無いんですけどね(笑)。

対応してくれた営業さんは、うちの担当設計士Tさんと組んだことがあるらしく
「Tはなかなかこだわるでしょう!若いですけど良い提案を出してくると思いますよ!」
「以前間取りを決めるのに二人で1時間ぐらい検討したんですけど、Tがどうしても引かなくて、勝手にしろ!みたいになったのですが、お客様には気に入って頂いて(笑)・・・・」と裏話?みたいな話をしてくれました。

そろそろ内装を決める段階だというので、その営業さんなりの内装論みたいなのも話してくれました。
帰り際に、お正月用の余り?の福袋も一つ頂きました。
中身は「ひのきまくら」や「檜の香りセット」などでした。
きこりんグッズを期待していたのですが、入っていませんでした(笑)。
Hmakura
↑の「ひのきまくら」、とっても良いにおいがします。
居間でごろ寝用として活躍してます。
くろちゃん曰く後二つ欲しいそうです。
ひとつは普通に枕、ひとつは足枕、ひとつは抱き枕として使いたいそうです(笑)。

「檜の香りセット」は↓と入浴剤でした。
Htama
↑はお風呂に入れてもいいのですが、タンスや下駄箱でもいいそうなので、タンスに入れています。
入浴剤は、一袋に2回分入っていたのに、一気に全部使ったおかげで微妙な香りに・・・・大失敗です。

その後、他のメーカーさんとこも見学して、案内所で再び福袋を貰いました(笑)。
こちらも、お正月用のが余っていたらしく、本来クジで当てないともらえない物なのですが、外れクジだったらもう1回引けるみたいで(笑)、その日の来場者は全員貰えたみたいです。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

シーサンドコートIN、どれだけ塗る?

一戸建住宅ブログランキング

そろそろ壁紙選びに入る段階ですが、とりあえずリビングとトイレの1面にアクセントを付けることにしています。
ヌリカラット・エコカラットも考えましたが、一番割安ということでシーサンドコートINになりました。
調湿・消臭という効果はありませんが、元々シーサンドIN515の色が気に入っていたのでOKです。

見積りを見て驚いたのが、施工面積が規定面積以下の場合の割増料金です。
何と施工部分の金額の4倍強の金額です!

「これは、ちょっと・・・・・変じゃない?」
「おかしなことなんですが、規定でそうなってまして・・・」

何もしないのに塗った部分の4倍強のお金を払うのはちょっとスッキリしません。
どうせ払うなら、しっかり塗ってお仕事してもらいましょう!
ということで、どこを塗るか・塗れるかを考えることにしました。

どれだけの面積追加するのかも考えなければいけません。
割増料金はなくなっても施工料金が莫大になってしまいます。
施工料金が割増料金と同額・又は少し多いくらいがベストかな?と思い計算しました。

計算の結果24㎡くらいが丁度良いかもって感じです。
これで、今の「施工料金+割増料金」から5万円UPくらいで抑えられそうです。
この5万円、金額UPしてまで塗るか・・・とも考えますけど(笑)。

今の施工面積は、リビングとトイレの1面で約7㎡。
残り17㎡、どこを塗るか。

設計さん曰く
・人の行き来が多い箇所は△・・・・壁に服があたると引っかかる恐れあり
・汚れると落としにくいので、キッチン周りは×
・すがったりする可能性のある場所は△・・・これも服を傷めるので
ということなので、塗れる箇所は限られてきます。

そこで、考えられるのは、
①義父の部屋 TVなどを置く予定の1面 約9㎡
②書斎 カウンターをつける1面  約4.5㎡
③寝室 ベッドヘッドのくる1面 約6.6㎡ー窓の面積・・5㎡くらい?
④ゲストルーム TVを置く1面・・コーナーに置くと2面?? 12㎡くらい???

面積は素人の私の憶測ですので、前後があるでしょう。
①+②に義父の部屋の仏間・収納のある面を足すと丁度良い面積になりそうですが・・・。
壁紙との兼ね合いもありますので、インテリアコーディネーターさんとも相談した方が良さそうですね。

それにしても、規定範囲が広すぎますよo(`ω´*)o。
そりゃ手間が掛かるでしょうけど、そういうのは工賃として一律金額でやって欲しいものです。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

東芝、ナイスアフターです!

一戸建住宅ブログランキング

我が家の洗濯機、東芝の縦型?ドラム式の洗濯乾燥機です。
Sentaku_1 Sentaku_2

今年の9月で購入後満5年になるのですが、去年の暮れの時点で、何度目?と言いたくなる程故障が続いていました。
一応、購入店で5年間保証に入ってますので、修理費は掛かっていません。
故障が多いのは、出たばっかりの新型に飛びついた宿命と、もう諦めていました。

内蓋を換え、ドラム制御のコンピューターを換え、外蓋も換え・・・それでもまだエラーが出たので、年末の慌しい中ですが、又修理を依頼しました。

来られるサービスの方も、「毎度どうも」って感じで顔なじみになってしまっています。
「またエラーでましたか・・・」
「ええ。今回は洗濯できるからまだ良いですけど・・・」
「これは・・・外側の枠が歪んでるのが原因だと思うんです。
で、外枠全部換えるとなると・・・・今までの修理費の累計が保証上限近くなってますんで、修理費をお支払い頂くようになると・・・」
「え?保証額って累計でしたっけ?一回の修理費の上限が購入金額じゃなかったです?」
「いえいえ、累計ですよ。」

うーん。これは販売店に聞いてみなければ。
確か「1回の修理費が購入金額を越えなければ何度でもOK」って言うのが保証の売りだったような・・・。
と、考えていると、サービスの方から思いがけない言葉が。

「修理回数が多いですから、上に交換できないか聞いてみます。
交換が無理なら、買取の方向で。
4年経ってますから購入額の6割ぐらいになると思いますが・・・。」

えっ??そんなこと出来るの?
やったー!!

買取の可能性が高いだろうから・・・と早速お店で最新洗濯機情報を集める。
(カタログとって、値段調べるだけですけど(笑))
東芝がお金を出してくれるのだから、次も一応東芝?
気にせず、背が高くて取出しが楽そうなサンヨーのアクア?・・・なんて次の候補を絞り始めました。

約2週間後、電話がありました。

「洗濯機の件ですけど、交換OKになりました」
「え?えぇぇと、どんな機種ですか?」ビックリして上手く言葉が出ません。
「TW180VEのホワイトになるんですが」
(え?それって現行モデル!)
「秋に出たばかりの現行モデルですね、この機種でいいですか?」

急いで、手元にあったカタログを見ます。
色は・・・ホワイトとプラチナベージュがあるみたい。
さすがに「プラチナベージュにして!」とは言えませんでした(笑)。

それにしても、出たばかりの現行モデルと交換して貰えるとは思いませんでした!
さすが東芝!
アフターがしっかりしてますね。
でも、壊れないことが1番ですよ!東芝さん!

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

玄関位置をどうしよう

一戸建住宅ブログランキング

順調に打ち合わせを重ね、詳細図面で各部屋の展開図も確認できるようになった矢先、玄関の位置を変更を提案されました。

原因は、道路側斜線規制に掛からないようにするためには、玄関屋根の庇が45cmしか取れないことです。
我が家は玄関は道路に面していますので、庇以外に雨除けとなるものはありません。
このままだと、玄関ドアを開けると雨が玄関内に降りこんで来るのです。
玄関ドアの足元が濡れるという程度ではなく、風の強さによっては下駄箱辺りまで濡れてしまうことになるそうです。
それは、これから生活していく過程で、「非常に不便である」との設計さんの判断です。
担当設計のTさんも一人で考えたのではなく、他の1級建築士さんと相談した結果のようです。

↓今までの間取りです。
Izen1

これを、玄関を1マス分90cm奥へ引っ込ませます↓。

Henko1

玄関を引っ込ませた分犠牲になったのは、トイレ・洗面・お風呂の水周りです。
ここはどこも少しずつゆとりを持たせてあり、トイレは幅を+10cm、洗面・お風呂は各約2.5帖となっていました。
これが全て、標準?の大きさになってしまったわけです。
非常に、残念・無念(>_<)。
図面の少しのゆとりが、生活上では「あー広い!」と数字以上に実感できるのでは?と期待していたのですが・・・。
そして玄関明り取りの窓、これも玄関から見えません。
私の自己満足的な装飾ではあるのですが(笑)、
折角装飾するのだから、玄関から見えた方が良いのになぁと思います。

洗面所を有効に使う為に階段の上り口も反対にします。
そのため、2階も若干変更に。
階段上がって、すぐ廊下・ホールだったのが、
2fkaidanmae

↓壁になってしまい開放感も減少(つд・)。
2fkaidanato

それでも、階段2段分ほど上がり口が壁から下がるように設計さんがしてくれたので、多少は圧迫感が減ったとは思います。

設計さん曰く「玄関下げて良かった、と住んでから絶対思いますから!」と励まして?くれるのですが、今のところ図面を見ては、「はぁぁ」とため息が出てしまいます(゜ーÅ)。

外構で後から玄関先に↓のようなものを付ければ・・・とも思うのですが
Genkanmae
我が家の外観には合わないかなぁ・・・・・。
金額も結構UPで、これだけで我が家の外構予算全部使うかも。。。。

往生際悪く、元々45cmの庇があるなら、後45cm引っ込ませれば、屋根は90cmになるじゃないか!と気が付いたので、次回設計さんに言ってみようと思います。
45cmならお風呂を1620から1618にするだけで、他は変更しなくてOKですから!(たぶん・・・)

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

新年早々、解体準備

一戸建住宅ブログランキング

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

解体準備の為、年末年始を使用して片付けをしました。
雪交じりの雨が降る中、軽の箱バンに荷物満載で4回もゴミをクリーンセンターへ持ち込みました。

更に、普段は忙しくて滅多に家に居ない義父も
お正月休みで時間がありますので、
この機を逃さず義父の部屋の片付けを行いました。

古ーい物が沢山出てきます。
義祖父の骨董コレクションなど取捨の選択に困る物も沢山ありました。
近所の倉庫を貸してもらえることになったので、
とりあえず「捨てられない物」はその倉庫へ運びました。
その量の多さに、新居に収納できるのか既に不安が・・・・。

この「捨てられない物」もいろいろ種類があります。
①将来使える物・・・これは普通にタオルのストックだったりと将来有用な物ですね。
②思い出の品・・・仏具関係、写真や、義姉のお雛さんなど。
③価値が分からない物・・・義祖父の骨董コレクションなど。

一番処遇に困るのは③の価値の分からない物です。
特に掛け軸などは、全く価値が分かりません。
貴重な物なのか、捨てても構わないのか・・・。

義祖父所有だったカメラや付属品も出てきまして、
最初は捨てるつもりだったのですが、
ふと思いついて、またまたオークションに出してみました。

私は使い方を知りませんので「ジャンク品」としての出品です。
すると、ビックリするような反応がある物もあります。
門外漢の私たちにとってはゴミでも、マニアの方にとっては、それなりに価値があるものなのでしょう。
終了時どうなっているか、少し楽しみです。

大晦日に、ゴミとして確定した物は全て捨ててきたのですが
その後の片づけでまたまたゴミとして確定された物が溜まってきました。
まだ手付かずの中身満載のタンスもありますので、更に増えていくことでしょう。
クリーンセンターの常連になってしまいそうです(笑)。

まだまだ家具など大きな物が残っますので、
解体までに間に合うか不安な状況です。
くろちゃんの休みの日をフル活用して片付けようと思います。

家の中の荷物が無くなっていくと、
いよいよ「解体」→「新築」が実感されます。
思い出が一杯詰まった家を壊すのですから、
これから思い出をたくさん作れるような家になるように、
しっかり打ち合わせしていきたいと思います。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »