« 打ち合わせ(7) | トップページ | サッシの色はどっち? »

2007年11月23日 (金)

収納 VS 開放感

一戸建住宅ブログランキング

7回目の打ち合わせの時に、収納力UPを目指してで考えた階段下の変更を検討しました。

結果、↓の様になりました。
Kaidanitihenkougo
階段下収納を2つに区切って、一つは食品庫という形で、ダイニングから出し入れします。
もう一つはリビングから出し入れするのですが、ここは天井高は低いので中で立つ事は出来ないでしょう。
主に子供のおもちゃ入れになりそうな感じです。

私としては、「何でもストック入れ」という感じにしたかったので、ダイニング側からの収納の奥行きを広くしてもらった方が、良かったかな?とも思いますが、設計Tさんの「収納に対するこだわり」が話し振りから感じられたので、この形になりました。
結局、掃除機は玄関ホールの収納に入れることになりそうです。
まぁ、玄関から掃除スタートすればOKってことで?。

そして、問題だったのが、ダイニングとリビング間の仕切りをどうするかです。

元々は、ダイニング・リビング間の仕切りは、3枚のパーテーションで仕切ることになっていました。
Sikiri3

食器棚を前に出すと
Sikiri23

↑のようにパーテーションを開けると、先ず見えるのは食器棚になります。
設計Tさんとしては、このような状況だと、パーテーションを閉めた状態の時に、ダイニング側へ行こうとした時に、棚にぶつかる可能性も考えられるので、お勧めできないそうです。(緑が人の想定通り道)

そこで、食器棚横は壁にして3枚の仕切りを2枚にすることにしました。
Sikiri2
ここで、くろちゃんが大ブーイング。
くろちゃんの一番のお気に入りがこの3枚パーテーションだったようで(汗)。
「そんなに収納造らなくても天袋とかでいいじゃん。」と不満タラタラ。

確かに収納に余裕があるかもしれません。
しかーし!ジュースなどの重ーいストック品を天袋に上げるなんて絶対無理!
「じゃあ、ジュースとかどうすんの?(くろちゃんの)コーラとか(くろちゃんの)ビールとか天袋に置くの?」
「・・・・・・・」

くろちゃんの3枚仕切りへのこだわりも分かります。
1枚分90cmの差は数字以上に開放感として出てくるでしょう。
3枚仕切りであれば、LDKとして一体感もありますが、2枚仕切りだとDKとLと分離した感じが強くなります。

設計Tさんにパーテーションの高さを聞いてみました。
予想通り、200cm。普通の建具高と同じです。
それを天井高までのものに変更してもらうことにしました。
幅は2枚分180cmですが垂れ壁がなければ少しは開放感が出るだろうと思います。
金額はもちろんUPですが、くろちゃんは垂れ壁ありで2枚分の開口だとトンネルみたいでイヤなんだそうで・・・・。
垂れ壁をなくしたことで、少しは納得したようです。
3枚分垂れ壁無しなら、最高に開放感があるのですけどねー。
Kabeari
↑が垂れ壁あり、↓が壁無しイメージです。
Kabenasi
少しは開放感維持できたでしょうか。

そういえば、バンブーはチークなどに比べて、色々な部材が少ないのですが、パーテーションはバンブー仕様がありました!
みなさんに大人気のオイルチーク仕様が無いことにもビックリ!です。
Pate
うちは、光が漏れないように突板タイプにしますので、下の段の一番右の物が2枚つくことになる予定です。
打ち合わせ前日の住まい博で貰ったカタログが役に立ちました(笑)。

収納力を取るか、開放感を取るかの攻防でした。
設計Tさんは、設計士としてデザインも重視するので、食器棚の位置も変更せず現状維持が良かったみたいかな?

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

|

« 打ち合わせ(7) | トップページ | サッシの色はどっち? »

間取り・外観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439178/11316887

この記事へのトラックバック一覧です: 収納 VS 開放感:

« 打ち合わせ(7) | トップページ | サッシの色はどっち? »