« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

打ち合わせ(3)

一戸建住宅ブログランキング

8月30日、契約後3回目の打ち合わせを、14時~自宅で行った。

最初に今までの変更を加えた契約後初めての見積もり提示。
契約時より40万弱UP。
むむむ・・・・この時点で既に40万UPとは!。

何がそんなにするのか、見積りチェック、チェック。
・リビング東側掃きだし用ブラインドシャッター・・・約17万。これは必要
・階段傍飾り棚→本棚への変更・・・約10万。これも要る。
・スピーカー用配線&下地補強・・・約3万。これも要る。
・電話台周辺コルクボード・・・約5.5万。これは・・・高すぎ??
・本体工事増額・・・4.5万。

電話台周辺の壁にコルクボードを貼る予定なのだが、5.5万とは高すぎかも。次回、どのくらいの面積になるのか確認して、狭いようなら下地補強だけにしてもらおう。

今回は、私の要望で設計士Tさんを困らせてしまった。

一つは、前回確認した階段下の食器棚置き場。家具の高さに合わせてたれ壁を作ってもらい、階段下のデコボコを隠すようにしたのだが、どうも見た目が気になる。
言葉で説明しにくいのだが、壁が左斜めに上がっていって、ある場所で直線になる。この、斜め→直線の変わり方が気に入らない。
いかにも、階段下です!と主張しているよう。
そこで、よく和風建築でされている、飾り壁(というのかな?)のようにたれ壁を斜め→直線ではなく曲線にしてもらいたいと要望した。(↓が左右が逆だが参考イメージ。)
Kaidannsita
すると、その曲線にするには「何とか曲線」で半径を出して・・・なんて少し複雑な作業が要るそうで。
食器棚の高さと、その曲線との兼ね合いなんてものも合って、下手すると食器棚が入らなくなる可能性もあるそうだ。
平面では分かりにくいので、家具サイズを再度シビアに測って、設計Tさんの宿題となった。

二つ目は階段の内壁。
階段内壁は汚れや傷が付きやすそうなので、S展示場階段で使用している素材(追加リプリーというそうです。)を貼れないか聞いてみた。
Skaidan
すると、デコボコがあるので、手摺りをつけるのに仕上がりに不安がある&どの高さまで貼るかも難しい&全部貼ると費用が50万くらい掛かるとのこと・・・。
ではその素材の代わりに、傷や汚れに強い素材はないか?と言うことになったが、結局クロスで探すとことに。
しかし、その名残?で、階段横の本棚の周りにその素材を使用してアクセントにする案が出た。
これは、設計Tさん曰く「大工さんが嫌がりそう」な面倒な作業になるらしい。
見積もりを取ってみるそうだが、これも高くなる??

その他、こちらからの要望は2つ。
①収納の枕棚→天段に。(枕棚の奥行きを広くした。)
   それに伴い扉のサイズも20cm大きくなって、収納一つに付き約5万のUP。
  枕棚の付いている収納はすべて変更したかったが、子供部屋の2つは我慢して変更なし。

②バルコニーの幅90cmの箇所を45cm広げる。
 子供部屋が6帖→5.25帖くらいに変更。
 外観維持のため、45cm四方がデットスペースに。

●その他、打ち合わせ事項

室内建具の大きさ確認。
 ・洋室Aのみ、証明スイッチ場所確保のため、ドア付近20cm壁をふかす。
 ・鍵付きは 1,2Fトイレと洗面所のみ
 ・各ドア・引き戸の有効幅の確認。
   →今の家の建具幅が広く有効幅85cmあるので、最初は狭く感じそうだが・・・まぁ慣れるだろうということで、変更なし。

玄関・階段・ホール
 ・腰壁高さ 90cm
 ・階段数 15段
 ・玄関手摺りの位置

その他仕様
 ・出隅コーナー 不要
 ・廻り縁 1Fすべて
 ・天井はクロスで

次回は9月14日。T展示場で14時~

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

キャンピングトレーラー(3)

一戸建住宅ブログランキング

我が家の2代目キャンピングトレーラーの行く末は・・・・。

色々と考えました。
①トレーラーはこのまま保管。牽引車にしている車のみ小さいものに買い換える。
②このまま、牽引車が潰れるまでは乗り続ける。トレーラーも維持。
③トレーラーも牽引車も手放して、必要に見合った車を購入。

急にこのような話題が挙がった理由は、このブログのメインである家の建替えです。

間取りを優先し、家の前に駐車スペースを取らなかった為、我が家の車は義父店舗用の駐車場を拝借することになりました。しかし、今現在の車の所有数は、我が家が車2台+キャンピングトレーラー、義父1台の計4台です。店舗用ですから、流石に1台しか拝借できません。残りの車をどこに置くかを考えると、使っていないキャンピングカーは必要なのか、ということになる訳です。

更に牽引車の車検が来年11月で、車を買い換えるなら住宅ローンのことも考えて、竣工までに買い換えるほうが良いのではないか等の事情もあります。

先ほどの3つの案。私は①が無難かなと思いました。

ところが、キャンピングトレーラー。車検を一度切ると、次に車検を通すのが非常に難しいらしいのです。主な装備を全て外さないといけないくらい大変なのだそうです。(訂正:車検ではなく、「ナンバーを返却する」でした。ナンバーを返却すると自動車税が掛からなくなります)しかも、車検を受ける為には、牽引車が必要です。

そうなると、②か③、現状維持かキッパリ諦めるか・・・・。

Adria1_1_4  V230

とりあえず、キャンピングカーをオークションに出すことにしました。

何故?キャンピングカーの買い手があれば良し。買い手が無ければ、まだ少し考えようということです(苦笑)。平行して、牽引車の方も、ガ〇バーに連絡して、下取り価格を調べることにしました。トレーラーと牽引車とセットで売っても良いなと思ったからです。なんとも踏ん切りがつかずに、このような選択になりました。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

キャンピングトレーラー(2)

一戸建住宅ブログランキング

我が家に来た2代目キャンピングトレーラー。
ダブルベッド二つで4人就寝可能です。

Adria1_1_3  Adria1Adria1_2_2 Adriak_4 Adriat_3

実は、まだ一度も出動していません。

結婚後、我が家に来るまでに数ヶ月。先代に付いていたバッテリー等の装備を付け直すのに更に時間も掛かり、その間に私は妊娠。そして、まだ娘はキャンプなどに連れて行くには少し危険な為、現在まで2代目トレーラーは出番も無く、物置として使われています。

しかし、キャンピングトレーラーを所有していれば税金も取られますし、車検もあります。
更に、「トレーラーを牽引する」車も必要です。牽引車にも、専用の牽引装置を付けなくてはいけませんし(車種ごとに違うので、牽引車を変えると、装置も新規に購入が必要)、牽引力・制動力など、いろいろ計算して制限があります。ある程度大きな車を所有することになります。

更に、ここ最近のガソリン価格の上昇。これが正直一番痛いです。大きい車ですので元々燃費が良くない上に、トレーラーを牽引すると更に燃費は落ちます。このままガソリン価格が高騰していけば、ガソリン代が大きく家計に響きます。結婚前は、くろちゃんはディーゼル車で牽引していましたし、当時ガソリンも90円前半くらい(軽油は70円くらい)と安かったので、気軽に牽引して遊びに行ってましたが、今ではそうはいきません。

ここで、「キャンピングトレーラーをどうするか」が問題になります。後数年すれば、娘を連れてキャンプに行くことが出来ます。しかし、くろちゃんの仕事は交代制。土日が休みではありません。娘が入学すれば、家族全員で外出できる機会も減ります。

年に数回行けるか判らないキャンピングトレーラーでの外出。そのために、必要以上の大きな車を所有し、そのガソリン代を負担するだけの価値があるのでしょうか・・・・。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

キャンピングトレーラー(1)

一戸建住宅ブログランキング

我が家の一番の贅沢品と言えるのが、キャンピングトレーラーです。

Adria1_1

結婚前から、くろちゃんが所有していたのですが、花火大会の場所取り、県内温泉地などでのミニキャンプ、地ビールレストランでビールを好きなだけ飲んで近くの駐車場で一眠り等、大活躍でした。

トレーラー内にはトイレもミニキッチンも暖房もありますので、停める場所さえあればそこがミニ宿泊所です。設置してしまえば、牽引する車のみで動くことも出来ます。難点は冷房が無いこと。真夏は蒸し風呂のようになりますが、日陰に設置して、窓を開けて扇風機使用で、なんとか乗り切っていたように思います。

結婚式のウェディングケーキもトレーラーにしてもらい(笑)、式場の駐車場にも実物を設置予定でしたが、くろちゃんの実家隣人が停めていたトレーラーに体当たり。全損状態で写真のみの展示になりました。(写真に映っている牽引車は当時の物です。)

Trailer_1_2

数ヵ月後に代替品として来たのが、一番上の写真のトレーラーです。
私とくろちゃんの思い出いっぱいのキャンピングトレーラーは、現在2代目が我が家に居るわけです。

しかし今、この2代目トレーラーの処遇について、悩んでいます。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

水遊び

一戸建住宅ブログランキング

今年初めてビニールプールを出して、水遊びをしました。

車庫から車を出して、プールを設置しました。

一応日陰ですので13時半~の真昼間でしたが、1時間半程度遊んでも大丈夫でした。

近所に住む義姉の子供たちも一緒です。

結構大きなプールなので、大人1人、子供3人入っても余裕でした。

水を掛け合って、楽しく遊んでいる様は、涼しそうで微笑ましいのですが私は外で見ているだけなので、暑い暑い・・・。

今度は、私も水着着て参加しようかな。

Mizuasobi
大人がくろちゃん、赤い水着が娘です。

★おまけ

「しましまのおじちゃんが、ツンツンってしたら、角が出てきて、〇〇ちゃんの手がくしゃーいになっちゃったの」

これ、何のことだと思いますか?

「しましまの芋虫(チョウの幼虫?)を、〇〇ちゃん(義姉の子)がつついたら、芋虫が角を出して、〇〇ちゃんの手に臭いにおいが付いた」が正解です。

「おじちゃん」」=「うじちゃん」で、くろちゃんは芋虫全部を「うじ」と呼ぶので、娘もそう覚えてしまったみたいです。

子供の言葉って、我が子であっても、状況を知らないとさっぱり判りませんね(汗)。

それにしても、「うじ」というのはハエの幼虫のことで、その他のあーいった形状の生き物は、幼虫や芋虫や毛虫と呼ぶのではないかと私は思うのですが・・・・。一般的にどうなんでしょうか???

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

打ち合わせ(2)

一戸建住宅ブログランキング

13時よりT展示場へ赴き、契約後2回目の打ち合わせ。娘は私の実家へ預けることに。

宿題になっていた間取りだが、結果から言うと結局変更せずに契約時の間取りに決定。
設計Tさんは、「できるだけ現状維持」をきっちり守っていた。試作①の南向き仏間で2Fは試作②に似た間取り。(間取り図をもらえなかったので、画像なし。)各階とも1帖分削ったままでの提案なので、書斎コーナーとクローゼットが狭くなった。
特に書斎はくろちゃんがキーボードをパソコンとつないでMIDIをやりたいらしいのだが、そのスペースが足り無い。

現状配置図と照らし合わせると、家の前のスペースは図面上1・45m→2mくらい取れる計算に。軽自動車なら置ける。
しかし、店舗用駐車場を1台分我が家用に拝借すれば、無理にスペースをとらなくても家の近くに駐車可能。
Haiti_2
緑線が、義父店舗。駐車場は実際は4台置けるので、道路側を我が家用に拝借。赤四角枠が、削除対称だった所。

間取りを取るか、駐車スペースを取るかで悩んだが、間取り優先に。車は毎日乗らないけど、間取りは毎日の生活に関わる為。

その他、間取りに関しては、1Fの廊下を105mmほど広げてもらった。僅か2帖程の廊下にトイレ・洗面・階段・台所・勝手口・義父居室と多くの部屋の出入り口が集中してるので、時間帯によっては混む可能性を考えた為。

●こちらから確認したこと。

・階段下の食器棚・家電収納・電話台の天井高さの確認。
  →食器棚の高さ+数cm程度の所で埋めてフラットにする。
  →電話台の高さを80cm→90cmに。

・2Fゲストルーム
  手持ちのホームシアター設置予定の為、リアスピーカー用に壁補強&空配管

・リビング 
  タタミコーナーに接している掃き出し窓の高さ確認

●その他仕様決め。

・床材 
  ・1F バンブー無垢  
  ・2F 標準フロアー ミディアムオーク
  ・サニタリー ミディアムオーク
    ・貼る向きは、設計Tさんにお任せ 特に希望なし

・外部建具(窓)
  ・基本は普通の引き違い窓 
  ・トイレ・洗面・風呂などの小さな窓は、くるくるとレバーを回して開ける窓(縦滑り出し窓?)
    →打ち合わせの時、私たちはずっと「そこは、くるくるで」と言ってた(笑)。
  ・外観デザインの為に、2Fゲストルームのみ上げ下げ窓有り。
  ・2Fトイレは一番小さなくるくる窓×2に変更
  ・サッシは標準のアルミ樹脂複合サッシ 
  ・面格子は不要
  ・窓台 色は床材と同色の木材  洗面所のみ白の人大
  ・リビング東側掃きだしに、電動ブラインドシャッター
    →見積り待ち
  ・北側はすべて スリガラス 

約3時間の打ち合わせ。展示場で打ち合わせすると、色々なサンプルがすぐ出てくるので便利。次回は8月30日の14時~自宅にて。

住まいブログに参加中です。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ 住まいブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

地元の小さなお祭り

地元で行われた、小さな小さなお祭りに行ってきました。

実家の母が浴衣をくれたのですが、着せるのに一苦労。
弓道着以外自分で着物を着れない私。「ん??この紐外に出るけどいいの?長すぎない??」など、着付け方がさっぱり判らず、電話で母に聞きながら、何とか着せることが出来ました。

その後、義姉と合流して一緒にお祭り会場の小学校まで行ったのですが、着付けの免許を持っている義姉。姪っ子は綺麗に着せてもらってます。頼めば良かった・・・。

会場につくなり「かき氷食べたい!」と言い出す娘。
「先に踊ってからねー」と幼稚園児による盆踊りの輪に近づいてみました。最初は珍しそうに見ていたんですが、一応自分なりに音楽に合わせて踊ってました。

Matsuri2

踊りが終了すると、すぐにまた「かき氷!」。

Matsuri

このカップ一つを食べ終えた後、姪っ子のを半分もらい、更に後から合流したくろちゃんにも一つ買ってもらい・・・カップ2個半分も食べてしまいました。どうして、そんなに氷が好きなの~?

住まいブログに参加しました。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

サーカスを見てきました

契約後、初の打ち合わせの時に営業Oさんより、サーカスの招待券を3枚頂きました。住林さんのT展示場の主催者?経営者?がサーカスの協賛をしているので、手に入ったそうです。
Sakasu

サーカス見るのは2003年にキダムを見て以来です(これも結婚祝いでチケット頂きました(笑))。キダムは普通のサーカスとは少し趣向が違うので、それ以前となると・・20年ぶりくらい?小学生の時に見た記憶が有りますが、何年生の時に、どこで見たのかも記憶が有りません。

このサーカス、CMやってたのは知ってて、娘を連れて行ったら喜びそうと思いつつ、集中力の無い「ゴソ」な娘が、どれほど見てくれるか確証もなく、途中で帰ることになるかもしれないのに、大人二人で9000円も出す勇気はありませんでした。結局もう少し大きくなってから・・・と今年は諦めていたのです。

そこへ、住林さんからのこのプレゼント。早速、13:30からの公演へ行って来ました。
招待券を座席券に交換するのに40分近く並んで汗だくになりましたが、会場は空調が効いてて一安心。

猫・熊・犬・馬と色々な動物が出てきて、お馴染みの空中ブランコもあり、楽しいピエロとのやり取りもあり、なかなか楽しい時間を過ごせました。娘も、前半はポップコーンをひたすら食べながら楽しんでいました。後半入る頃には、眠ってしまいましたが・・・。娘の反応を見ていると、動物たちの芸には興味を持って見ていましたが、人間のみの芸の場合(トランポリン・ジャグリングなど)にはあまり興味無く、食べる方に集中していたように思えます。別の場所でもサーカスがあり、義姉からお誘いを受けているのですが、こちらは雑技団がメインのようですので、今日の様子を見た限りでは、お断りした方が迷惑にならないようです。

ついつい買ってしまったパンフレット。
Sakasu1

会場内では撮影禁止でしたので、記念に買ってみましたが、この類って内容の割りに高いですよねぇ。

3歳未満は無料なので、残った1枚は帰省してきてる友人に進呈。一緒に行けなかったのが残念。

住まいブログに参加しました。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

間取り作成ソフト

契約前、各社の間取りを比較したり、混ぜ合わせて、より良い間取りを作ろうとしていた頃、大変役に立ったのが イエスマイハウス(フリー版) です。

簡単に↓のような間取り図を作れます。
Fmadori1 Fmadori2

家具も寸法を指定して置くことが出来ますので、各部屋の広さの確認などできて便利です。

外観も、3Dで見れます。
Fgaikan1 Fgaikan2

屋根の形状や外壁の色などはフリー版では変更できないのですが、「大体どんな感じになる」のかは把握できます。

上の間取り・外観は 「間取り・外観(4)」の住林さんの間取りとほぼ同じ物ですが、比べてみてどうですか?壁をふかす等は出来ませんが、屋根が切妻と寄棟の違いだけで、ほぼ同じに出来ています。検討する分には十分活用できると思います。

このソフトで、自分で色々間取りを考えておくと、各社から提案図面を見せられた時にその「提案力」「設計力」などが良くわかると思います。こちらは構造上抜けない壁などは判らないので自由に作る訳ですが、素人の自分が考えた間取りと比べて、構造上制約があるとは言え、プロとしての工夫・提案がされているか、が判るのではないかと思います。

私が住林さんと契約したのも、その提案力・設計力を買ってのことです。間取りは、これからの生活に直接影響することですので、再考に再考を重ねて決定していきたいものです。

最後に、自作した間取りをメーカーさんに「見せる・見せない」ですが、非常に迷うところです。見せてしまうと、その間取りにこだわり、大きな変更をしないメーカーさんもあれば、あくまでも「参考」として見て、それを元に更に違う間取りを提案してくれるメーカーさんもありますし。何回言っても、こちらの意図が伝わらないメーカーさんには見せた方が早いのでしょうが、そういうメーカーさんとは、「相性が悪い・合わない」可能性も有りますよね。

住まいブログに参加しました。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

★★★ 2008年1月訂正・追加 ★★★

上で「屋根の形状や外壁の色などはフリー版では変更できない」と書いていますが、
実際は可能です。
不正確なことを書いてしまい申し訳ありません<m(__)m>。
お詫びして、訂正します。

Yanee Yanes
↑のように、外壁の色、屋根の形状共に変更できました。
屋根の変更は、設計さんの屋根伏図を見ながら作りましたので、
何も参考に出来る物が無い状態では、私には変更できなかったかも・・・です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

掃除機をどうするか

我が家の掃除機は2003年制のサイクロン式です。

少し前から、フィルターの特定の場所にゴミが付着するなぁと思っていたら、ダストカップのネットに穴が空いていました。フィルターに付着したゴミは、一つ一つの溝からゴミをかきだしています。最近の物のように、フィルター用ブラシなんて付いていません。ゴミ捨てのたびに、埃がモウモウと舞って最悪です。

ダストカップのみ部品注文できるようなのですが、新品買い替えと少し迷っています。

ゴミ捨ての簡単な紙パック式にしようかと調べてみました。

紙パック、昔に比べて高くないですか?3枚入りで千円越えてます。10日に一度交換して月に千円、年に1万2千円、5年も使えば6万円!やっぱり、経済的にはサイクロン式ですね。

いろいろ探して、一番気になったのは、三菱の LAQURLI TC-C3FP です。
Mitubishi

この掃除機の特徴は、
Mitubishiashi Mitubishi_2
車輪が5つ付いていて全方向に動け、本体自体も360°回転します。
これ、方向転換がしやすそうではないですか?

本体を持ち上げて向きを換えるという動作は意外と多いものです。今の我が家、平屋の3DK(約65㎡)を掃除するのに、約5回ほど向きを換える為だけに本体を持ち上げています。これが、新居になれば2階建ての4LDK(約121㎡)ですから、更に回数は増えます。いちいち、本体の所まで戻って向きを換えるのは、本当に「せんない」面倒くさいです。

このLAQURLI(ラクルリ)、サイクロン式で、フィルターお手入れも比較的簡単そうで、隙間ノズルも伸びて、とっても良いのですが、困ったことに高いのです。定価は86100円。

この値段を見て諦めかけましたが、ネットで38600円のお店を発見!でも、なんか微妙な金額です。掃除機に4万円・・・高いような、でも性能を見れば安いような・・・。もう少し出せばダイソン買えるし・・・。電器屋勤務の友人曰く、売れ筋は「2万~3万円」の物。やはり、少し贅沢?そもそも、機械的に壊れてない物を買い換えるのは勿体無いかも・・・。と、考えがグルグル回ってまとまりません。

因みに、今の掃除機、ブライダルでまとめ買いしたので、あまり値段を気にしていませんでしたが、3万5千円で買ってました。この値段を見ると、ラクルリ、「買い」でしょうか?

住まいブログに参加しました。
宜しければ↓クリックお願いします↓。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

間取り・外観(4)

契約前の間取り・外観_その4です。

間取りは、もう部屋の位置・広さなどの大きな変更はありません。
私が間取りを見ながら、見積書についている各部屋の仕様概要書など見て、変更希望の箇所を見つけてはメモしたことを、一気に要望していきました。ここの収納は「押入れ」、こっちは「パイプと可動棚」など、各部屋の収納や納戸について、細かい仕様の要望をしました。そして、家電収納棚など購入予定の家具・家電等も伝えました。家に関わる総費用で見積りを出してもらう為です。細かいところでは、ケーブルTV工事費なども入っています。すべて契約後の金額UPを出来るだけ少なくするのが目的です。

その為、間取り図には大きな変化は無く、細かい文字が増えているのみです。
Madori41 Madori42

特に2F寝室の書斎コーナーの造作は、結構細かく要望しました。
くろちゃんが、椅子に座ってパソコンするのは落ち着かないというので、タタミコーナーにしました。そして、パソコンは私の分と2台デスクトップ型(しかも、かなり大きい)を置くので、パソコンとカウンターの位置関係なども私が下手な絵を描いて説明しました。その要望に沿って、後日設計士Tさんか書いたイメージ図が↓です。
Pc1

次に、外観です。

前回の「丸窓採用」「立体感を出す」「木質感は維持」の要望はどうなったでしょう。

Gaikan41 Gaikan42

お気づきでしょうか?

そう、一番最初の外観のタイルを木質パネル(付け梁)にして、丸窓が付いただけです(笑)。それでも、東と南の2面にアクセントがありますので、最初の外観よりも随分良く見えます。

今回は、バージョン違いもありました。

Gaikan43 Gaikan44

どこが違うか、お分かりでしょうか?

屋根の端っこ、破風というのでしょうか?ここの色を、白→茶(黒?)に変えたものです。

更に、こんなのも。

Gaikan51_2 Gaikan52_2

今度は、サッシの色も茶(黒)にしたものです。

皆さんは、どれがお好みでしょうか?

私的には真ん中の屋根の端だけ濃い色バージョンかな?と思いますが、営業Oさんは、最初のバージョンがスッキリしていて好きだそうです。くろちゃんは・・・・不明(笑)。ただ、サッシの色は薄い色の方が好みみたいです。

外観も、ほぼこれで決定です。後は配色をどうするかの問題ですので、契約後にする話ですね。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

間取り・外観(3)

契約前の、間取り・外観_その3です。

前回、予算のために縮小されてしまった間取り。あまりにも余裕が無くて、もう少し大きくして欲しいとお願いしたのですが、予算と広さ、どのように折り合いをつけた間取りが出てくるか、ドキドキしながら見ました。

Madori31 Madori32

結果は・・「いい!いいよ、これ!」です。前回の間取りより1.06坪広くなっただけなのですが、こちらの要望はすべてクリアしています。欲を言えば、書斎は独立させたいとか、2Fホールをもう少し広く、等あるのですが、ここは妥協すべき所でしょう。

感心したのは、1Fリビングのタタミコーナー。まさかL字にしてくるとは思いませんでした。しかし、タタミコーナーが欲しい理由「ごろ寝スペース」「お客さんが来た時の椅子代わり」などを考えるとL字で良いじゃないですか。固定観念にとらわれて、長方形・正方形のタタミコーナーしか想像出来なかった私には、目から鱗が落ちる思いでした。

これ以降は、間取りについては大きな変更はなく、中の仕様について(特に収納)、私が要望を出す形になっていきます。

この時点での、変更希望点は

①勝手口の広さを少し狭くして、その分洗面所を広げる。

②書斎コーナーはタタミで。イメージとして↓を見せました。
Tatami
これは、住林さんのどこかの展示場紹介HPに載っていたものです。たしか九州だったと思います。

次に外観です。希望の「木質感」どのように出してきたでしょうか。

Gaikan31 Gaikan32

どうでしょう?以前タイルだった部分が木質パネル+付け柱です。
今回、良くなった点は、全体のバランスでしょうか。
前回、「南側の面が左右対称に近い形になっているので、それを維持して欲しい」と要望していたのですが、今回は更に「左右対称」に近くなりました。そして、今までは玄関のある東側の面のみにタイル等アクセントが付いていたのですが、今回は南側にも付いています。だんだん「いい感じ」になってきたようです。

ただ、私的には3本の付け柱がちょっと好みではありませんでした。それに、何となくノッペリしている感じがします。今までの施工例を見ながら、私が「丸窓好きなんですけど・・・」と言うと、この時同席していた営業Oさんの上司Kさんが、「こんな感じで、玄関ホールの明り取りに使えますね」と図を描いてくれたのです。「あぁ、それがいいです~!」即、採用決定でした(笑)。

もう少し立体感を出すのと、付け柱は無しでということをお願いして終わりました。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち合わせ(1)

8月3日、19時~契約後初めての打ち合わせがあった。
今日は、営業Oさんと、久しぶりに設計Tさんも登場。

先ず、気になっていた分筆に関して質問。
各種登録・申請費用の見積りがどこかで重複していないか確認。
そして、営業Oさんに、銀行のローン担当者や義父の店の税理士さんと、分筆などの諸手続きをどのように進めるか話し合ってもらうようにした。

そして、「打ち合わせノート」が登場。
Note
ノートを見ながら、今後の打ち合わせの大まかなスケジュールを設計Tさんが説明していく。2週間に1度のペースで行くとのことだが、来年2月までこのペースだと、打ち合わせは今日を含めて14回。家1軒のすべての仕様を決めるには少ないように思えるが、こんなものなのかなぁ?

そして、間取りの話。
契約時点で、もう間取りの変更は無いかな?と思っていたのだが、家の配置図を見ていると、今更のように気が付いたことが!

最初に間取りを考えてもらう時に、「駐車場は考えなくても良い」と言っていたのだが、配置図を見ると、道路から家までが1.45M。そして新居から隣接する義父の店舗までは2.2Mも間が空いている。もう少し奥に(店舗寄りに)建てれば、家の前に軽自動車が停めれるのでは!。それには、現在勝手口になっている1帖分のスペース(白で囲った部分)が邪魔。しかし、そこを削ると2Fに支障が出る。・・・行き詰ったので、設計Tさんの宿題になった。営業Oさんは今の間取りが気に入っていて、それを崩すのは勿体無いと言う。私もそう思うが、家の前に駐車スペースが有るのと無いのとでは、便利さが全然違うので仕方が無い・・・。
(↓に簡単な図面UP。下手な説明で申し訳ありません。)
Haiti_1_2 

その他の要望は

①寝室の書斎コーナーに、光が漏れないような仕切り、カーテンなどを設ける

②リビング、電話台の正面と両横の壁にコルクボード

③2Fホールに階段の壁を利用した本棚設置
 →下の④で本棚が別に出来そうなので取りやめ。

④階段横の飾り棚は、本棚のような感じに
  →ここの部分は間取り図だけでは、イメージが掴めないと話すと、設計Tさんがその場でスラスラとイメージ図を書いてくれたので感心した。飾り棚のようになっていたのだが、多分何も飾ることなく、雑多に物を置くようになりそうなので、本棚仕様にしてもらうことに。

⑤リビングのタタミコーナーに引き出し収納を(再確認)

⑥郵便受けは、壁埋め込みで。(施主支給)

次回打ち合わせは、8月20日13時から、T市展示場で行うことにした。自宅ですると、打ち合わせ中、娘は一人我慢しなくてはいけないので可哀想。実家で、ジジババと遊んだ方が楽しいだろうと思ったため。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

分筆費用はどれだけ要る??

我が家は、くろちゃんの実家の建替えです。
今、建築予定地にはもちろん、実家が建っています。
その実家、住所としている地番だけでなく、隣接地番との境界線を越えて、建っているのです。そして、隣接建物も、実家の地番の方に境界線を越えて建っています。
今度、建替える新居も、元々の土地だけでは、建蔽率、容積率共に苦しいので、一部は隣の土地の上に建てる様になります。

隣接地は、義父の店舗と駐車場ですから、所有者は同じですので、境界線を越えて建てる分には問題ありません。ただ、土地の境界線を引き直す、つまり分筆するかしないかが問題になってきます。

新築費用の支払いには、当然ローンを使用しますが、そのローン申請時に担保として家のみでなく、土地も担保に入ります。ここで、分筆をしていないと、家の立っている土地すべて担保に入ってしまうのです。たとえ、その土地の数%にしか家が建っていなくても、その土地すべてを担保に取られてしまう訳です。見積り時、営業Oさんに何度説明してもらっても、義父は納得いきませんでした。
そこで、義父が自分で取引先の銀行に問い合わせてみたところ、銀行側としても「家だけ担保に取っても、土地が無ければ、どうしようもないので、家の建っている土地すべてを担保としてもらう」とのこと。やはり、分筆は必要なのでしょうか。

「分筆をする」と決定したところで、もちろん費用が掛かります。住林さんの見積りでは「50万」が計上されています。今度はこの「50万」が問題になってきました。銀行の住宅ローン担当者曰く「分筆だけで50万も掛かる訳が無い」そうです。「50万あれば分筆・解体申請・建築申請などすべて込みで出来る」とのこと。『二重取り』されてませんか?とまで言ったそうです。

これは、大変な問題です。丁度今日、住林さんと打ち合わせがあるので、シッカリ聞いてみなくては!分筆費用が安く済めば、それだけ家や外構にお金を回せます。出来るだけ、「形あるもの」にお金を使いたいものです。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

UHさん、IKさんにお別れ

住林さんとの契約を決めたからには、UHさん・IKさんに正式にお断りの連絡をしなくてはいけない。

7月27日、午前にくろちゃんがUHさんの営業所に電話。担当のMさんではなく、上司のKさんにお断りすることを伝える。コンクリートの良さは判っているが、それ以上に融通の利かないなどの欠点の方が気になった為、と理由を述べる。一番の理由は、これからのやり取りに不安を感じた、という人的、会社の組織的な問題なのだけど・・流石にそれは言えなかった。その日の夕方、担当営業のMさんが登場。やはり、断られた理由が気になって直接聞きに来たようだ。帰り際に「新居が出来た頃に、お菓子でも持ってお祝いに行きますので・・」と言うので、「どうぞ、どうぞ!気軽に見に来てください」と答える私たち。

そして、IKさん。最初は7月28日に契約予定だったので、29日に資料を回収しに来ることになっていたのだが、営業Hさんの都合で変更になり、昨日8月1日に登場した。日にち変更の電話を貰った時に、住林さんで決定したことを伝えていたので、ちょっと気まずい感じがした。私が「いろいろお世話になったのに、申し訳ありません」と言うと、Hさんは「この度はご縁が無かったということだけですから」と終始にこやかに接してくれたので、ますます申し訳ない感じがした。今度、改めてS展示場にご挨拶に行けたら・・と思う。IKさんは、今までの資料を回収するので、最初の見積りと一緒に貰っていた、ファイルやDVDなどをお返しした。一番最後に貰った、間取り図、立面図、外観CGのみ記念に残しておいた。Hさんも帰り際に「新居が出来たら、ピンポン~ってお邪魔するかも」と言ったので、もちろん「どうぞ、どうぞ!ゆっくり見学していって下さい!」と返事をした。営業さんって、断られた時、こう言うのが決まり文句なのだろうか??

↓が記念にもらったIKさんの、間取り図と、立面図。
Ik1 Ik2
Ikhigashi_2 Ikminami_2
間取りは住林さんの間取りに似せて作ってもらったので、IKさんオリジナルとは言えないけれど、なかなか良い感じではあった。今でも、これを見ると「これも良いなぁ」と少し心がゆらぐ。
IK営業Hさん、本当にお世話になりました。心から感謝致します。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あぁ・・車が その後

8月1日、無事に車の修理が終了。修理と言っても、左のミラーを付け替えるだけなのだが、約2万2千円の出費。軽のエアコンも修理完了したそうなのだが、こちらはまだ値段がわからない。今から、少しでも倹約して建築費用を貯めたいところなのに、痛い出費が続く。

修理会社は、できればすぐに取りに来て欲しいとのこと。でも、くろちゃんは仕事だし、私はその車は運転できない。(普通乗用車だけど、車が大きい&我が家への道が狭すぎて、私には無理。)仕方ないので、くろちゃんが仕事後、バイクで取りに行った。

普段、そこの社長は「いつでもいいよ」が口癖なのだけど、今回は台風が来ているせいだろう。置いている間に、台風で傷がついては困るといったところか。うちの車、娘を抱っこしての上下車が楽だし、後部座席4つが自由にアレンジできて、オムツ換えも楽に出来て、とっても便利なのだけど、難点は修理費が高い&時間がかかること。今回は、ミラーですぐ部品が入ったから良かったが、内部の故障の場合、なかなか部品が手に入らないことも。

娘も大きくなって、そろそろジュニアシートでOKになるので、本当ならもう少し小さな車に買い換えたいのだが、今後お金は建築資金に回す為、乗り潰すことに決定。あと何年くらい乗れるかなぁ?

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間取り・外観(2)

契約前の住林さんの間取り・外観、その2です。
1回目から2回目の間に、地盤・敷地調査および、その報告がありました。
ですから、私たちは、その結果を元に図面を書いているので、更に良くなっていることを期待していました。

これが、間取り_その2です。
Madori21 Madori22

前回より、小さくなっています。1F・2F併せて約3坪分狭くなっています。
階段の上がり口は、希望通りになっていますが、全体的に縮小されてますので、ゆとりが感じられません。基本的な部屋の位置などは変わってないのに、、印象は大違い。「これじゃぁ、ダメ」です。2Fファミリースペースはこの時点で、ほぼ消滅(つд・)。

縮小された原因は、予算。
営業Oさんが、予算オーバーにならないように、設計Tさんが「まだ広く出来る」というのを抑えて、この間取りで来たそうです。予算も大切ですが、この間取りでは「この家を建てよう!」とは思えませんでした。

そこで、前回の間取りを参考に、私がフリーソフトで「こんな感じになったらいいな」と作った間取りをOさんに見せました。Oさん、縮尺が違うので・・・とその間取りを見ながら、方眼紙に書き写していくと、「これでも約2坪大きい」とのこと。でも、今回の間取りでは、全然納得行かないので、再度要望を出しました。

①階段の踊り場は段差なしで。

②納戸もいいけど、各部屋にも収納を。

③ゲストルームは4帖半くらいでOK。

④今のところ、ほぼ左右対称っぽくなっているので、それは維持して欲しい。

⑤リビングにタタミコーナーを

ぐらいだったと思います。すでに記憶が薄れてきてます(^_^;)。

次に外観。今回は2種類。
Gaikan21 Gaikan22

もう一つがこちら。
Gaikan23 Gaikan24

前回頼んだ、寄棟バージョンです。
今思えば、この2つが一番MyForestらしかったと思います。この2つのどちらか選ぶとすれば、上の方でしょうか。しかし、外観に関しては、くろちゃん、私、Oさんの3人とも、前回の方が良いかなぁで意見一致。やっぱり、前回のをベースにしてもらうことに。私の希望として「木質感が欲しい」も、この時言いました。本当は「格子つけて」と言いたかったのですけどね(笑)。でも、予算が既にオーバーしてるので、ここはグッと我慢。結局、外観・内装含めて、一度も「格子つけて」は言えてません(つд・)。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

間取り・外観(1)

住林さんと、無事契約できたので、契約に至るまでの間取りと外観の変遷などを書いてみたいと思います。

先ずは、第1回目の間取り。Madori11_2 
Madori12_5 

この間取りから、現在の間取りまであまり大きな変更はありません。
東玄関になります。
この間取りが一番広いので、資金さえ豊富であれば、基本的にこの間取りの大きさで建てたと思います。私たちの敷地ではこの大きさが最大だったと思います。

この時、私たちが言った大きな変更点は

①階段の上り口を反対側にして欲しいこと。→これは折角のリビング階段なのですが、玄関からあまりにも近い為、ツルッと2Fへ上がられては、リビング階段の意味が無いこと。そして、我が家は庭らしき庭が無いので、洗濯物はすべてベランダで干すことになるのですが、洗面所=洗濯機から階段への動線が悪いことが、変更の理由です。

②仏壇の上を収納に。

③ファミリースペースにパソコンコーナーを設けること。

ぐらいです。細かい点は「SRさん間取り(1)」に書いていますのでご覧下さい。

2Fのファミリースペース、ここが後々どんどん削減されていってしまうのですが、ここが無くなって一番ショックだったのは私です。娘が幼稚園・学校に行くようになれば、ここは私の寛ぎの間になる予定でした。のんびり、パソコンやったり読書したり、昼寝したり・・・、そして娘が帰宅すれば、ここで一緒に宿題して・・・と考えていたのです。リビングが散らかりすぎることも無く、娘が部屋に篭ることも無く、ついでにくろちゃんが書斎に篭ることも無く(笑)(←でもこれも大切なことです)、とっても良いスペースに思えていたのですが、見事に散りました。

そして、外観。
Gaikan12 Gaikan11

大変、シンプルでスッキリしています。結局外観もここから大きな変更点はありませんでした。

とりあえず、義父がどっしりした落ち着いた感じのが好きなので、寄棟にした場合の外観も考えてもらう事にしました。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »