« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

契約しました!

7月31日

10時に住友林業さん営業Oさんが登場。
契約書の説明の前に、昨日電話で尋ねた、間柱の素材やシロアリ対策の件について説明してもらった。

Oさん曰く、間柱は家の強度に関係する部材ではないので、それ程気にしなくても・・ということだったが、Oさん持参の資料に「シロアリ耐性・・・極少」ともあったし、やっぱり気にいらない。しかし、昨日の電話でも言っていたように、「国産素材の割合を上げる」というのは、会社の方針&国の指示でもあるので、着工時の来年には、杉などの国産素材に変わっているはずとのこと。Oさんも、私たちが気にしていることが判ったと思うので、何か情報が入れば、教えてくれるだろう?着工合意時に確認を忘れないようにしようと思う。

そして契約書に署名・捺印!。

Keiyaku Siyousyo

これで、住林オーナーへの仲間入りの第一歩を踏み出したことに。

続いて、こちらの希望を3点ほど伝えてみる。
①断熱材を現在のⅣ地域仕様からⅢ地域仕様に出来るか。→10万以下で出来るそうなので採用予定。
②リビング東側掃き出しに、ブラインドシャッターを付けたい。→値段の調査待ち。
③リビングのタタミコーナーに引き出し収納を作れるか。→設計に確認。書斎カウンターにもあまり深くはできないが引き出しがつけれるかも。

次回打ち合わせは8月3日。久しぶりに設計Tさんも登場予定。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ ブログ村 住まいブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

間柱について

7月29日

いつも、勉強させて頂いている梅太郎さんのブログに、今年4月から間柱が杉の集成材からホワイトウッドに仕様変更になったという情報があります。ホワイトウッドに良いイメージを持っていない私はとても気になるところ。

一方、くろちゃんは、クロスパネルはシロアリに喰われたりしないのか等、違う所を気にしている模様。明日の契約の場で話すより、今日前もって聞いておいた方が、営業Oさんも十分に調べて回答してくれるだろうと思い、営業所へ電話してみた。

最初は、間柱をホワイトウッドから杉に変えるなど、部分的に素材を変更するのは難しいという回答で、「えー?でも・・・」と、ちょっと不満な回答。ホワイトウッドでも、強度には問題ないし、シロアリ対策の処置もしているので、心配ありませんよと説明されても、スッキリしない。まぁ、明日もう一度説明してもらおうということで、電話終了。

くろちゃんに「何かスッキリしないよー」と話していると、今度は営業Oさんより電話。
電話後、調べてくれたようで、本社の方で、国内産の素材使用率をUPさせようという動きがあって、間柱も今はホワイトウッドだが、私たちが着工する来年には、確実に杉に変わっているとのこと。これを、聞いて少し安心した。シロアリについても「住林の家がシロアリに喰われたと言うのは聞いたことが無い」と断言。一応明日また詳しく説明をしてもらうことにしているので、気になることがあればシッカリ聞いてみようと思う。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

契約延期

7月28日

本日19時から、住林さんと契約を結ぶ予定だったが、周りで良くないことが連発していて縁起が悪いので、31日に延期してもらった。

発生順に並べると、
①昨晩、義姉の旦那さんが38kmオーバーのスピード違反で捕まり、免停。(訂正:高速道路だったので、ギリギリ免停にはならなかったそうです。高速は40km以上オーバーで免停らしいです。)
②早朝、義父の店の従業員さんが、通勤途中にカブで車に追突。
③午前、くろちゃんが衝突事故に遭う。(「あぁ・・車が」参照)
④昼前、義父が配達中にバックで壁に激突。バンパー歪む。
短時間で、こんなに悪いことが連発すれば、とても契約する気にはなれない。

何か悪い物が憑いているのかと思うほど、事故が連発。
住林さんとの契約を妨害しているかのようだ。
誰一人、怪我人が出なかったのは良かったのだけれど。
この程度の小さい事で済んで、これから運気が上がっていくのならば、良しとしたいところだが、明日以降何も無いことを祈るのみ。

31日には、無事に住林さんと契約をして、家造りの新たな一歩を踏み出したいなぁ。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あぁ・・車が

7月28日

くろちゃんが、コンビニに用があると言うので、一緒に娘も連れて行ってもらって、私は風呂掃除&娘の靴洗い。コンビニの後に実家にも寄ると話していたので、掃除後、少しは一人でのんびりできるかなぁと思っていたら、すぐ車の音が!もう帰ってきたー(>_<)。

「ただいまー」と娘が家に入ってくるなり「母ちゃん、青い車が壊れちゃったの」。えっ?数日前から軽のエアコンが壊れていたので「え?青じゃなくて白(軽)の車じゃないの?」なんて話していたら、くろちゃんが「ぶつかった」。えぇーーーー!!!Σ(゜д゜lll)。タバコ屋横の駐車場から急にバックで出てきた車とぶつかったらしい。ん?相手がバックで車道に出てきたのなら、向こうが悪いのでは??で、連絡先とか聞いたのかと思いきや、相手のおじいさんが「いや、うちのは自分で直すからいいよー。じゃー」と去ってしまったそうだ。いや、そっちが良くても・・・うちの修理費は???

くろちゃん曰く「相手は、バンパー凹みとテールランプ割れで15万くらい?、こっちは左のミラーが粉々で5万くらいの修理費と見たから、まぁ良いかと思って。相手:自分が10:0ならいいけど、6:4とかになったら嫌だし」ということらしい。うーん、私はくろちゃんほど車に詳しくないけど、普通に車道を走ってて、バックで出てきた車とぶつかった場合(しかも、対向車がいて避けれなかった)、10:0とはいかなくても、9:1とか8:2とかじゃないのかなぁ?何か逃げられた感じ(-"-;)。

怪我が無かった、特に助手席に座ってた娘に怪我が無かったのは不幸中の幸い。くろちゃんは、すぐに知り合いの車屋に修理に出しに行ったが、「いま代車が無い」とのこと。代車が無ければ、うちは当分エアコン壊れてる軽しか車がない。買い物にもいけないよぉ。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

IKさん最後のセールス

7月27日

14時半にIKさん営業Hさん登場。引渡し後のお宅見学に連れて行ってくれた。

先日IKさん展示場に赴いた時、「24日の提示金額次第では、27日の時点で、既に住友林業さんに決定している可能性もある」と告げたにもかかわらず、Hさんから「最後のセールスをさせて下さい」との言葉があり、今日の見学が実行されることになったもの。

実際、住林さんでお願いすることが決定してしまったので、Hさんに悪いなぁと心苦しい気持ちだったが、表面上、くろちゃんと私は「明日28日の住林さんの提示金額によって、契約か破談かが決まる」と言う事にしておいた。

最初のお宅は、商店街に面している場所で、家の外観は玄関のある1面しか見えない状態。落ち着いた色のレンガと付け柱・梁で素敵な洋館という感じ。

中を拝見させてもらうと、各所に花や絵が飾られていて、外観、内装と共に素敵な洋館という雰囲気は変わらず。案内して頂いたご主人・奥様は私たちの親と同世代の方。家の雰囲気と良く合っていて(当たり前か(^_^;))、とても上品な感じの方だった。娘用にお菓子やジュースまで用意していただいて、恐縮の限り。その娘は、中にお邪魔するなり、階段を上り下りし、一時もジッとしていない。これはIKさんのお宅の雰囲気が、展示場とほぼ同じなので、「初めて来た家」という感覚が無いのだろうと推測する。・・・これが、私がIKさんの家に個性が無いと思う所以。標準で付いている物をすべて使えば、展示場と同じようになるのは仕方ない。

次に、前に1度引き渡し前に見学させて頂いたお宅に、再度お邪魔した。
こちらの奥様は、とっても気さくな私たちより少し上の方。折角良くしていただいたのに、移動の間に、車で眠ってしまった娘が、大ジラ。一時、再び眠ったのだが、すぐに目を覚まして泣き叫ぶヽ(゜ー゜;)ノ。飲み物を出して頂いたのだが、ゆっくりご馳走になる間もなく早々に退散することに。大変申し訳なかった。

家に着くまでにHさんが「もう、住林さんで決定されているんですか?」と鋭い質問をしてくる。一応「明日の提示金額で、契約か破談か決まる」と返事をしておいたが、Hさんは多分気が付いたのだろう。「もし宜しければ、今後の為に住林さんの間取りを見せていただけませんか?」と言うので了承する。

先日、簡単にだが住林さんの間取りを説明していたので、Hさんからそれに沿った間取りと、本当は契約後にしか見せてもらえないはずだった外観のCG図も一緒に見せてもらった。多少、階段位置など、細かい箇所が違うが良く似た間取りが出来ていた。そして、予想以上だったのが、外観。基本的な部屋の位置が同じなのだから、外観は似てきて当然で、形はほぼ一緒なのだが、住林さんではとてもスッキリした感じになるのに、IKさんでは「重厚な洋館」になっていた。「館」と表現してもおかしくないような感じで、これはこれでとても良かった。

IKさんがクリアできなかったのはお風呂を1.25坪にすること。これは住林さんが1階北側に1帖分広く取れていたのが原因。この1帖分がないと、階段位置を変えない限り、洗面所の出入り口がどうしても取れない。Hさん曰く、この1帖分広く出来たのは、住林さんが「敷地調査」をしていたから。契約前に、敷地調査を(業者さんに頼む正式な調査)するか、しないかで、間取りプランに大きな差が出てしまったとHさんは言う。

私は、改めて住林さんの設計士Tさんの実力を見せられたような気がする。敷地を有効に使い且つ私たちの要望を容れ、更に予想以上の素敵な間取りを作ってくれたと思う。もし、IKさんの設計士が、Tさんに負けないような間取りを作っていたら、相当迷っただろうし、結果は反対になっていたかも知れない。

明日夜に住林さんと契約等の話し合いがあるので、明後日の夜、Hさんが結果を聞きに来宅することに。本当はS展示場に菓子箱なり持参して、丁寧にお断りしたかったのだが、Hさんが来ると言うので仕方が無い。因みに、IKさんは契約に至らなかった場合、見積り等の資料を回収するようだ。最後に貰った、間取りや外観図などは、記念に貰えないかなぁと思う。それ程、いい出来だった。これがIKさんの設計士による物ではないことが非常に残念。Hさん、本当にごめんなさい。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

移転完了しましたが・・・

7月26日

一応、移転は完了しました。

前ブログの一括引越し、なんてことも出来るようだったのですが、

コツコツ全ページ、コピペして移転しました。

そのため、投稿日時がすべて、今日になっていますが、

2007年4月14日~の記事ですので(^_^;)。

ちなみに、このブログ、私が主に使っている「Sleipnir」ってブラウザソフトでは

改行などのタグが全く効かないので、投稿のみIEでやるはめに・・・。

いまさら他に引っ越すのも面倒なので、このままで頑張ります!。

住まいブログに参加中です。
↓宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
2007.12.8追記

記事の投稿記事を一応時系列順に直してみました。
多少前後があるかもしれませんが、そこは愛嬌ということで(笑)。

| | コメント (0)

住林さん宜しくお願いします。

7月26日

SRさん=住友林業さんの営業Oさんより連絡あり。

無事に社内稟議が通ったそうだ。

これで、住林さんとの契約は決定!28日に契約することになる。

契約決定したので、今までSRさんと表記していたのだが、社名を出すことにした。(バレバレかもしれないけど(笑))

ついでに、今までのブログではUPした写真が一番下にしか載らなかったので、

ブログもここに引越し、タイトルも変更。

メーカー選びは、家造りの成否を決める、一番大きなポイントだと思っているが、

後悔しないよう、住林さんと納得の行く打ち合わせをして、

自慢できる家を建てれる様に努力していこうと思う。

資金が潤沢であれば問題ないのだけれど、限りある資金で、どこまで拘っていけるか。

契約前に、色々と希望を出したつもりだったが、まだまだ見ていなかった部分も出てきそう。

私もくろちゃんも、設計士Tさんを大きく買っているので、きっと素敵な家が建つに違いない!

住林の皆さん、宜しくお願いしますね(^-^)。

住まいブログに参加中です。
↓宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移転中です。

7月26日  只今ブログ移転中です。今までの内容はhttp://wind.ap.teacup.com/t-s-s/で公開中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

SRさん最終見積り

7月24日

19時、SRさん営業Oさんと、上司Kさんが登場。
先ずは、先日の勝手口部分の変更の確認。
床面積が少し減り本体価格も減ったが、勝手口の番号キーと下駄箱追加で、約4万円程UP。
そして、本題。
SRさん側は、こちらにもう少し譲歩を期待したようで、Kさんが「ご希望の金額はもう変わらないでしょうか?」と言う。私が「外壁はシーサンドコートがいいとか、幅木も無垢にしたいとか、まだ希望はあるし、地鎮祭や餅撒きなどの費用なども含めて、後100万は要るかもしれないと思っています。既に予算を100万越えているので、金額はこれ以上にすると、こちらが苦しいです。」と答えた。

すると、Kさん「まだご希望がおありなんですか!」と驚きながらも、これ以上の譲歩は無いと悟ったらしく「判りました。では、支店長と協力して、そのお値段で何とか頑張らせて頂きます。お手数ですが、社内の稟議を通す為に、こちらの書面作成にご承諾いただけますか」ときた。
こちらも、希望金額になれば契約すると決めていたので、了承する。事実上、SRさんと契約したようなもの。
28日土曜日が友引で日柄もいいので、28日に本契約をすることになった。
契約金を28日までに振り込むことも了承。

これで、SRさんでマイホームを建てることが決定!
この決断が、間違いでなかった!と30年後にも言える様な家になることを心から願う。
これから、IKさん、UHさんにお断りをしなくてはいけないのだが、特にIKさんの営業Hさんにはお世話になったので、非常に心苦しい。でも、これは避けて通れないので、何とか気持ちよくお断りできたらいいなぁと思う。

あぁ、でもどんな家になるかとっても楽しみ(^v^)。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

UHさん見積り・比較

7月23日

19時半の約束から約20分遅れて、UHさん営業Mさん、そしてやはり上司のKさんも一緒に登場。もう少し遅ければ、くろちゃんが「来なくていい」と電話するところだった。
先ずは、今までの総まとめという感じで、外観、設備の仕様などの確認、説明。まだ、具体的に話していない外壁材なども「提案」という形で入っている。カーテンや照明なども一応プランを考えてきていたのには少し感心した。


そして、肝心の見積り。
くろちゃんがゆっくり説明を聞けるように、私は娘の相手をすることにした。もちろん、聞き耳は立てていたので、具体的な数字は見えないものの、上司Kさんが「精一杯頑張りました」とアピールしているのは判った。各社の見積り比較表を作っているので、その項目を見ながらくろちゃんが見積りのどこに含まれているのかを確認をしていく。また、記載されていない火災保険の料金なども確認。火災保険はUHさんはコンクリートだけあって、ダントツの安さだ。

Kさんが「この場でお返事いただくと、ショックが大きいので、後日お電話で結構ですのでお返事を下さい。(もう断られると思っってたのかな?)」と言うので、くろちゃんも「今週中にはお返事差し上げます。」と返す。Kさんは始終ペコペコ頭を下げていた。それだけ危機感が有るのか、長年営業をしてきた身の性なのかは判らない。

営業さんが帰ったあと、くろちゃんが早速比較表に金額を打ち込んでいく。結果金額的にはSR>UH>IKの順だった。ただ、UHさんはエコキュートやIHなどのオプション品の殆どを本体工事に含めているので、その辺りの個々の比較が出来ない。解体工事がSRさんの半額以下だったのはビックリ。「儲けは無い」とKさんは言っていたが、あまり安すぎると却って本当に大丈夫なのかと不安になる。しかしKさんは「高くてもこの倍以上にはならない」と言い切っていたので、倍以上の金額のSRさんはやはり高すぎるのだろう。自分で手配した方が良いかもしれない。

UHさんは外観は総タイル張りなのが魅力。但し、外観のデザインや間取りなどは3社で一番見劣りする。設備に関しては、私が上位グレードの物を指定しているので、あまり遜色は無い様にはなっているが、その他の造作などはちょっと・・・かな。例の電話台に下駄箱を流用するのもしっかり入っていた。

結果・・・UHさんはお断りすることに。金額面でIKさんに負けているのが既にダメな原因。展示場周りを始めて、プランを作り始めた頃、上司Kさんが「〇%は勉強します」と言った値引率に達していないし。総タイル張りと言う事を考えても、まだ高すぎる。更に、企業としてアフターや管理などに少し不安もあることも一因だ。それに基礎にも不安が。木造メーカーのIK、SRさんがベタ基礎なのに、UHさんは「部分的にベタ基礎でも大丈夫」と言って、見積りにその費用を入れてなかった。木造がベタなのに、コンクリートがベタじゃないなんて・・・大丈夫なの??。

明日は、SRさんの見積り提示がある。
こちらの譲歩した金額まで下がってくるのか、メーカ選びの最大の山場になりそう。
ちなみに、一応契約金の準備はOK。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

UHさんの運命は??

7月23日

20日、IKさんと話中にUHさん営業Mさんより電話あり。
また例のごとく「今から行ってもいいですか?」かと思いきや、珍しく「明日21日」だった。初めて、前日に連絡してきたのだが、21日にはSRさんとの先約あり。
くろちゃんが「22日ならいいですよ」言うと・・「22日はUH社員の結婚式がある」そうだ。それなら、最初から別の日にすればいいのに「22日結婚式後ならお伺いできるかも・・・あ、でも酔ってるかもしれないので、22日にまたお電話します・・・」だって。


で、結局昨日22日は19時過ぎに電話があり、「今日は無理なので、明日お伺いします」とのこと。何か、もう少し営業の勉強をした方が良いのでは?と呆れてしまう。私たちは、UHさんが来るか来ないか判らないのに、わざわざ早めに帰宅して待っているわけですよ。結婚式に出るなとは言わない。おめでたい事だから是非祝福してあげて欲しい。ただ営業を仕事としているなら、お客を待たせてハッキリしない約束をするのではなく、「この後仕事がありますので・・」とお酒を控えるなり、「申し訳ないですが22日は所用がありまして、23日以降にお伺いします」とか言って態度をハッキリさせるのが当然ではないかと思うのだけど。

くろちゃん曰くMさんは酔っていたらしく、こちらがSRさんの提示金額次第では契約を考えいるので、次回必ず見積りを、それも様子見などではなく、本気の金額を出して欲しいこと、その見積り如何で、今後の話し合いを続行するかを決めることを本人には伝えなかった。
誰に伝えたか・・・それは上司のKさん。営業所に電話して、Kさんに伝えたのだが・・・どうもKさんも酔っていたとくろちゃんは言う。あぁ、UHさんはここで終わりそうな予感。

今日の19時半ごろMさん登場予定。多分上司Kさんも一緒だろうけど、UHさんとの縁も今日限りになるか、それとも起死回生の金額を提示してくるか、どっちかなぁ??

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IKさん金額確認・比較

7月22日

昨日のSRさんとの話で、24日火曜日には最終的な金額を提示してくることになりそうなので、競合相手のIKさんで、SRさんと同程度の仕様にした場合の金額を把握する為に、また急遽S総合展示場のIKさんに赴いた。
もちろん、先に営業Hさんに電話をして、用件を伝えていたので、即話を始めることが出来た。

床を無垢にした場合、エアコン設置の金額などを聞き、SRさんと大差が無いことが判明。で、あれば今SRさんに言っている造作のパソコンコーナーなどもほぼ同額で出来ると予想する。ただ、現在リビング一部と書斎が1段上がったタタミコーナーになっているのだが、それはSRさんは本体工事に含まれていて、具体的な金額が出ていない&IKさんでも同じことが出来るかは不明なので、比較が難しい点になっている。

子守りで、席を離れている間、くろちゃんはHさんから「IKの強み・売りのポイント」をひたすら聞かされていた模様。
元々IKさんが(いや営業のHさんが)好きなくろちゃんは今までハッキリしなかったオプションの金額面がハッキリしてきたことで、また少しIKさんに傾いている感じ。
前から「構造体としてはIKさんの方が上」とも言っていたし。

帰宅後、両社の見積りを見て、お互いに未記載のところなどを加算しあって、ほぼ同条件にした表にしてみると・・・・
火災保険以外、すべてSRさんの方が高い。
で、IKさんは値引きなしなので・・・やっぱりSRさんがどれだけの金額を提示してくるかが決め手になりそう。

IKさんがSRさんに劣っているところは、ズバリ間取りや外観などデザイン性。
SRさんの図面をIKさんに見せて、「同じ間取りで」とお願いすることは出来るかもしれないが・・・それはSRさんが金額面で折り合わずに脱落した後にしたい。図面作成能力も、SRさんの商品の一つと考えなければいけない。

IKさん優位点
 ・構造体
 ・シロアリ対策
 ・標準装備の充実
 ・遮音性
 ・営業Hさんの人柄(くろちゃんとの相性抜群)

IKさんのマイナス点
 ・窓を開けて風を通すという行為を基本的に勧めてない
 ・過乾燥が気になる(高気密・高断熱すぎる?)
 ・外観などのイメージを契約後にしか見せてもらえない
 ・間取り(今のままでは不満)
 ・個性が出にくい・・・今まで拝見したお客さんの家で、施主の拘りのような部分が無かったように感じる
 ・魅力のうちの出窓が、ほとんど付けれない
 ・値引きが無い
 
SRさんの優位点
 ・外観
 ・間取り
 ・各部屋などのイメージを見れる
 ・個性が出せる(拘れる)

SRさんのマイナス店
 ・高い!!!
 ・シロアリ対策がIKさんに比べると弱い
 ・営業Oさんとくろちゃんの相性が 少し悪い??

結局、優劣は表裏一体のようなものなので、
最終的に私たちがどちらを取るかとういうことになりそう。
はぁ、悩むなぁ。
SRさんが決定的な金額を提示してくれるかがカギかなぁ。
こう、一押ししてくれるものがあれば、決めやすいのだけど。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

SRさん見積り(3)

7月21日

19時、SRさん営業Oさん登場。
先ず、前回宿題だった点、勝手口の番号キーと郵便ポストについての回答。
こちらから新たに勝手口の位置変更ほか、何点か質問するが、今日は即答。
2Fホールに階段の壁を利用した本棚をつけて欲しかったのだが、私自身まだ本の日焼けの問題で迷っていたので、今日は言わなかった。更に見積りがUPすると、Oさんの顔が強張りそうだし(笑)。私がいつもメモを置いている場所に、いつものメモ帳を置いていたので、Oさんが時々不安そうに、そちらを見ていたのにも気が付いたし(笑)。
それと、今回も設計Tさんから書斎のパソコンコーナーのイメージ図がもらえた。私たちのイメージより、棚がオシャレな物だったがバッチリ。またまた画像UP(笑)。
Pc1



で、見積り提示。
今回は、前回と全く同じ値引率。
前回つけたオプションの値段の確認になった。
全部でやはり90万弱UP。
もちろん予算オーバー。

我が家としては、値引きが本体工事だけで、提案工事(オプション)の値引きがないのが一番の不満箇所。
オプションの個別に値段を見ると、キッチン・お風呂などは市場価格より安いが、その他、特に収納関係はちょっと高すぎるのでは??と思うところ。

具体的にいくらだったら契約してもらえるかと聞くので、
くろちゃん 「一番良いのは予算内に納まることだけど・・・」
Oさんの顔が強張る・・・。
くろちゃん 「まぁ、こちらも言いたい放題言ってるのもあるし・・・予算+100万までかなぁ。どぉ?」
私 「うーん、契約後も又追加が出たりするかも知れないから、更に+100万の余裕を見ておくと。。予算+100万がギリギリだね。」
Oさん「では、その金額になったら、確実に良いお返事を頂けますか?」
くろちゃん「うーん、98%くらいで」
Oさん 「えっ!100%じゃないんですか?」
くろちゃん 「UHさんが見積もりまだだから、もしすごく安い金額だったら迷うかも(笑)」

SRさんが、次回予算+100万の金額を提示すれば、SRさんで契約することになりそうだ。もう少し値引きが出来るのでは?とも思うが、あまり粘って値切っても契約後の営業さんとの関係に支障が出ては困るので、この辺りで決めるのが良いのだろう。予算に+100万というのは正直痛いけど。
でも素敵な家ができそうだ。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

IKさん間取り(3)

7月20日

19時半にIK営業Hさん登場。
前回、宿題だった間取りを早速見てみると・・・。
あぁ、ちょっとガッカリ。
全体的な変更は無く、ダイニングの出窓を無くして、キッチンの向きを変える、という一番平凡な変更だった。
更に、前回見落としが有ったらしく、2階の子供部屋の出窓もなくなってしまって、全体的に魅力ダウン。

その後に、見積りを見せてもらう。
今回は、家のグレードを一つ上げた場合の見積もりも持ってきて貰っていたので、そこでも比較してみる。
結果は、グレードを上げたほうがお得なことが判明。
しかし、この見積りにSRさんに言ったようなオプションをつけると、値段的にSRさんと同じくらい、もしかすると高くなる可能性も出てきた。

IKさんは値引きをしないので、後はHさんが改めてIKの家の特徴などを説明されて終わり。
とりあえず、Hさんとしては出来ることはなく、SRさんの金額次第ということになった。
IKさんが自力で契約を取ることは出来なくなった状態。
営業Hさん、今交渉中の3社の営業さんの中では、人柄が一番我が家に合っていて、良い人なんだけどなぁ。お断りした後も、家族ぐるみでお付き合いしたい感じかも(笑)。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

SRさん見積り(2)

7月16日

今日は、14時よりSRさんの構造見学に行く予定だったが
大雨だった為15時半からに変更。
雨の中、娘をつれての構造見学は辛いので、
くろちゃん一人で行ってもらった。
営業Oさんが、車で連れて行ってくれた。
元々構造とかは私が見てもあまりチェックするポイントが良くわからないので、くろちゃんがしっかり見て、説明を受けて、判断できればOK。


構造見学終了30分後に、今度は上司Kさんも一緒に登場。
間取りは前回で、ほぼ決定しているので、先ず外観。
一番最初と、前回のを組み合わせた外観で、とてもいい感じになってきた。丸窓もちゃんと付いている。
おまけで、リビングのイメージ図もあった。これがまた、とても素敵!平面図で見るよりとても広く感じられる。気に入ったので画像UPしてみました。設計Tさん、ありがとう。SRさんの戦略にはまってるのかもしれないけど(笑)、こんなの貰えると嬉しいですね。
Living1

次に間取りや前回の見積り、カタログを見ながら、どこに何を置くか考えて作ったメモを取り出し、一つ一つ説明・要望していく。(←30箇所近く言ったらしいです(^^ゞ)
収納棚や書斎のカウンターの仕様などは、私の拙い図を見せ、Oさんが実際に寸法などを測りながら、こちらの希望に沿った図を描いていく。前回、言い忘れていたキッチンの家電収納棚の購入なども伝える。
私も、メモを書いた時点で「結構金額上がるから、営業さん嫌がるだろうなぁ」なんて思っていたのだが、上司のKさん曰く「100万くらい上がります」だって。

Kさん曰く 「正直、契約前にこれほど詳しいお話をして頂くのは珍しいです」とのこと。
私 「契約後に大幅に金額UPしたって話を聞くことが多いので、先に言いたいだけ言わせて貰いました。今言った分全部つけたお値段で判断したいので。これ以上はあまり増える要素は無いと思います。」

ここで、見積り登場。外観を変更した為、本体工事などがUPしているので総金額が予算より約350万オーバー。
で、ここからが、今日のメイン。
もう一枚、最後の総金額か書かれた紙が出てくる。

Kさん 「えー、こちらが、今回勉強させて頂いて、ご提案させて頂く金額になります。」
まだ予算オーバー。+今日の追加分100万も要る。
くろちゃん 「ここから、職場の提携企業値引きするの?」
Oさん 「い、いえ。これに含まれてます。」
私 「じゃぁ、今日の追加分はサービスで」
Kさん 「い、いやぁそれはちょっと厳しいです」

くろちゃんは何度も「予算内にならないの?」と言ったが、Kさんは「それは、無理です。」一点張り。で、「すこし、歩み寄りが欲しい」との言葉。
予算を少し上げれば、SRさんも更に値引きしてくれるの??

結局、まだIKさん、UHさんにも見積りを頼んでいるので、それを見る前には契約は出来ないと、今日は契約なし。
値引き対象に、提案工事もいれてくれるとか、
今日の追加分はサービスしてくれるとか、
提携企業値引きを加えてくれるとか、
もう少し安くなれば決定なのにぃーーー
今3社の中ではダントツに私好みで、是非建てて住みたい家になってるんだけどなぁ。完成見学会しても、恥ずかしくない、自慢できそうな家なのに!何とかならない?SRさん!

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

UHさん間取り(13)

7月15日

帰宅後、19時過ぎにUHさん営業Mさん登場。
今日は、設計士Yさんも初登場。
早速昨日の変更点を再確認&不明確だった各場所の詳しい寸法を聞きながら、間取り修正。
特に、寝室の書斎と各収納に関して話を進めていった。
やはり、設計士さんが居ると話が早い&明確だ。
すぐに内寸を出してくれて、変更可能かも答えてくれる。
書斎を寝室から独立した空間にする為に、いろいろ考え、行き詰まったかと思った時にも、設計士Yさんからの提案で、何とか解決。




ただ、Yさんの収納に関する提案には、「ちょっと・・・」と思うところもあったかなぁ。
タンスなどの上に天袋を作って欲しかったのだが、Yさんは棚を造作してしまうと、逆に物を入れるスペースが小さくなるから、できるだけ棚は無い方が良いと言う。
各部屋の収納も棚無しの状態にして、後から衣装ケースなどを買って入れたほうが、スペースに無駄がないとも言ってたけど、理屈としては判るが、棚も何もない空洞の収納の方が使え無いじゃんと思ってしまった私。やっぱり例え棚との間に多少スペースが余っても、物を置く区切りとして、最低押入れ仕様の「中棚・枕棚」は欲しい。

また、電話台カウンター及びその下に収納を造作してもらおうと思っていたら、それなら「下駄箱」を利用する方法もあるとの提案を受けた。
これも、理屈としては判る。
確かに「下駄箱」でも電話は置けるし、収納もある。
でも・・・でも・・・それって安っぽくない???
Mさんが「その場合は、玄関に置くものとは少し違う物を置いた方が良いですよね」と珍しく良い?意見を言ったと思ったら、Yさんは「同じ物の方が統一感が出て良い」だって。
同じ物置いたら、「下駄箱」だってバレバレじゃん。
その時は、「そういうのも一つの方法として・・・」と言っておいたが、後でくろちゃんと「安っぽいから止めよう」で却下決定。
UHさんの物件に、高級感とか感じられないのは、Yさんのこういう合理主義?&センスの為??

終了間際、Mさんはまた、図面を訂正して、更に大きな図面で詳細決定をしていきましょう・・・なんて言ってたので、次は概算でいいから見積りも提示するように要求。
今日IKさんの、2回目の間取りを見たこともあって、やっぱりUHさんは間取りに関しては魅力が少ないので、価格で魅力を出して欲しいところ(笑)。
そして、次回の提示金額によって、UHさんの運命が決まる予定なんだけど・・・どうかな?

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IKさん間取り(2)

7月15日

ここ数日、UHさんとの連日打ち合わせで、なんとか再度間取りが固まってきたので、少し待ってもらっていたIKさんの間取りを見せてもらうことにした。
営業Hさんが突然の当日申し込みにも関わらず、応じてくれたので、15時にS展示場へ赴く。
「ゆっくりでいいですよ」とこちらが言っていたので、申し訳なかったが、IKさんのみ話が遅れて取り残されては、更に申し訳ない為、急遽間取りを見せてもらった。

結果は・・・おしい!
ダイニング・リビングに是非欲しかった出窓が着いているし、2Fの間取りも書斎がちょっと苦しいこと(これは他社でも一緒)を除けばOK。
欠点としては、玄関から入るとすぐにダイニングの為、食卓やキッチンが丸見えなこと。
そして、最大の欠点はダイニングにほとんど壁がない為、家具が置けないこと!
特に、電子レンジの置き場が無い。
これが、とても単純なことなのだが、とても重要。
電子レンジをリビングに置くのは、見た目悪いし、何より使い勝手が非常に悪い。
最悪の手段で、出窓に置くことも考えた。
キッチンのすぐ傍で、使い勝手は良さそうだが、やっぱり折角の出窓をレンジ置きにするのは勿体無い。
Hさんも「最初から、出窓に置くのを前提にするのは悔しい」と言ってくれた。
Hさんとくろちゃん、私でしばらく考えたが、間取り全体を変える以外解決は無理のようで、Hさんの宿題になった。

それから、見積り。
家の大きさは、前回より1坪弱大きくなっただけなので、少しのUPかな?と思っていたら、なぜか屋外給排水費用が30万近く減っていて、全体としては安くなっていた。
敷地調査をした為に正確な金額がでたものと推測する。
何より良かったのは、解体費用。
業者さんに見積りを貰ったところ、当初の予算と同額。
SRさんと比べると約40万も安い。
これはSRさんに言って、値下げ交渉をして貰わなくては!
IKさんに解体の見積書を貰ったので、自分で直接業者さんに依頼することも可能かもしれない。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

UHさん間取り(12)

7月14日

20時過ぎに、UH営業Mさん連日の登場。
今日は上司Kさんも一緒。
早速、昨日の変更点を見てみると・・・・
バルコニーは復活して、梁も消えているが、2Fのフリースペースが完全に消滅。
それ以外には、玄関ドアの位置が少し改善されていたが、洗面所幅が20cm狭くなった。元が110cmだったそうで、普通に90cmになったらしいが、洗面台や洗濯機が階段下に追いやられているので、何か狭く感じそうだ。


UHさんの間取りで一番好きだったのは、2Fバルコニー傍に2、3帖のフリースペースがあったことなんだけど・・・
消えてしまったので、UHさんで建てる魅力は、広いバルコニー(8帖)だけになってしまったかな。
外観も、南から見た感じは好きだが、玄関のある東側が全然気に入らない。
この外観は自分がフリーソフトで作ったもので、細かい設定が出来ないから、改善の余地はあるのかもしれないけど。

間取りの説明を聞いていても、魅力を感じることが出来ない。
「うーん、これならいいか」って感じで、ギリギリ合格?
魅力の一つだった、大きな家だったはずが、どんどん削られてもう他社と大差なくなってきた。
実際、SRさんの図面と比べると、SRさんの方が坪数少ないのに、各部屋の広さはSRさんとほぼ同じ。収納は負けてる。

「後は価格だねぇ」とくろちゃんと話す。
Mさんは、「今度は大きな図面を作って、もっと細かいところを決めていきます!」って言ってたけど、その前に見積りを見たいし、その見積り次第では細部決定することなくUHさんはお断りする予定。

今まで散々「安くはないです。」「正直高いです。」を繰り返してきているが、もし最初の見積りで、値引き無し又はごく普通の値引率だった場合は、UHさん即脱落。
最初から、ギリギリの見積りを提示してこない限り、今後の進展はないだろう。
私は風邪でしんどかった&昨日からUHさんの提案力に愛想が尽きてきたので初めから機嫌が悪そうな感じで話を聞いていたので、MさんもKさんも「重~い」空気を察したはず。
更に、帰り際にくろちゃんが「今日、図面がつまらなかったら、もう断るつもりだった」なんて言って追い討ちかけたし。
これで、必死になってこなければ、もうダメだよUHさん。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

UHさん間取り(11)

7月13日

19時すぎ、営業Mさん登場。
図面が出来上がったというので、どれだけ工夫してきたか、少し楽しみにしていたのだが・・・・
ほとんど変わっていない。
ダイニングに梁が出るのを防ぐために、なんとバルコニーをサンルームという名の8帖強の部屋にしてしまっている。
ベランダとして少し張り出せるというのだが、
奥行きを聞いてみると最大90cm。
土地境界線に近すぎると、後々お隣に家が建った場合目隠しをつけることを要求されるので、その規制にかからないようにした場合は、60cm・・・。
布団干しくらいにしか役に立たない。
それよりも、8帖強のサンルームって何?
洗濯物はこれからずっと部屋干しですか。
こんな家いらない。


大体、前回くろちゃんが「根本的に見直しを」って言ったのに、
間取りとして、ベランダをサンルームに改悪した以外、
何一つ変わっちゃいない。
もう、呆れてしまった。
2週間近くかけて持ってきた図面が、「これ」とは・・・・。

なんだか、今まで(特に前回)言った言葉が伝わって無いというか、一つの小さなことに拘って(今回は小屋裏収納)、全体を考えることが出来ていないようだ。
ちょっとイライラしながら、「バルコニーにしたらどうしても梁が出るのなら、それは譲ったとして、その梁の出る場所を少し工夫するとかして下さい。今のままでは部屋の真ん中に梁が出て照明の邪魔にもなるし、見た目も悪い。でも、例えばキッチンとの境とか、食器棚置き場の場所に出るなら、見た目にもまだ、マシでしょ?玄関位置とかも変えて構わないんだから、もっと大きな変更をしてもらって、使い勝手の良い間取りを考えて下さい。」と言うと
するとMさん「あぁ、なるほど!玄関とかお風呂の位置とか変えてもいいんですか!」だって。
くろちゃんも「設計士さんと一緒に来て」と要望。

明日か明後日には、連絡して来るそうだが・・・どうかなぁ。
Mさん来る前に、くろちゃんが「今日の図面が悪かったら、断ろう」って言ってたから「もう来なくていいです」って言うかと思ってたら、優しいことに「もう一回チャンスをあげた」だって。私的には、もうUHさん終わってるなぁ。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

SRさん間取り(3)見積り(1)

7月9日

19時、SR営業Oさん登場。
そして・・・もう一人、上司のKさんが初登場。
今日は娘は発熱中。
途中何度かぐずったものの、話中ほぼ眠っていた。

まず、間取り。
前回より約一坪広くなっているだけだが
使い勝手は、随分良さそうな間取りになっている。


2階のフリースペースが一番削減されているが
寝室内に書斎コーナーがあるし、各部屋に収納もある。
一番予想外だったのはリビング部分。
タタミコーナーを椅子代わりのようにL字型に配し、そこに続く
バルコニー下部分が丁度箱庭?インナーテラス?みたいな感じで
濡れ縁置いたら良さそうな感じ。
引越し後犬を飼う予定なので、犬小屋スペースにもいいかも。

そして外観。
前回の「木質感が欲しい」の要望に対して
元タイルの部分が木調パネルに+付け柱。
一番違うのは今までは玄関側の面のみにアクセントがあったのが南側の面にもあること。
ここで、ビックリしたのは前回「外観が左右対称っぽくなったら良いかも」と言ったのがちゃんと反映されてること。
今までは真ん中がバルコニーで凹型の左右対称もどきだったのが今回は凸型でほぼ左右対称になっていた。

付け柱部分が、ちょっと気に入らないし、もう少し凹凸を出して立体感を出したいので外観はもう少し検討が必要。
施工例を見ながら「丸窓好きなんだけどなー」とつぶやいてみると上司Kさんが「こういうのどうでしょう」と、玄関ホール部分に明り取りとして丸窓をつけた絵を書いてくれた。
「おおー、これいい!」即、採用決定(笑)。

そして、見積り提示。
設備も前回話した希望を取り入れて、キッチンなどグレードが一つ上がったもので計算していた。
結構細かく提示されていたが・・・
やっぱり総額で300万近く予算オーバー。
うーん・・・300万オーバーでは話にならない。

ここで、上司Kさんの出番。
今の状況では、1支店としての頑張りではこちらの予算に近づけることが厳しいこと。
今後、大きなキャンペーンがありそうなので、それにかけて本社からの援助をもらえれば、もう少し頑張れること。
また、私たちの譲歩?として、着工時期を来年3月にできるかなどの話もあった。
うちは最初から「完成見学会」でいくらでも使ってもらって構わないと言っていたのだが、それも値引き要因になるらしい。

Kさん「ぶっちゃけた話、SRの家はどうですか?」
私「お金さえあれば、すぐ建てたいんですけどねぇ」
くろちゃん「これ(見積書)見なかったら、最高!」
Kさん「うぅう、ご主人プレッシャーかけられますねぇ」

キャンペーンの詳細が判ったら、また連絡してくるとのこと。
さてさて、300万、何とかなる物なんでしょうかねぇ。
後から考えたら、まだキッチンの家電収納棚と洗面所のキャビネットが要るってこともタンス上に天袋つけて欲しいのも言い忘れてた。
今日頼んだ、書斎コーナーをタタミにしてもらう事なども含めて、もう何十万かくらいUPは確実だし。
さて、どうしたものか。
100万オーバーくらいなら譲歩するか、予算は厳守するか。
くろちゃんは厳守っぽいかなぁ?

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

久しぶりのIKさん

7月3日

14時過ぎ、突然IKさん営業Hさん登場。
以前お願いしていた、図面が出来たので
うちの予定を聞きに来たらしい。
本音は他社の動向を探りに来た、という事だろうけど(笑)。

今日、聞いたところでは
前回の要望はすべて取り入れてくれたらしい。
それに伴う、他の変更点もいくつか聞いた。

・収納位置の変更に伴い寝室・和室の出窓がなくなったこと。
・代わりに?リビングに出窓が着いたこと。
・リビング階段になったこと。
・お風呂を1.25坪に変更したので洗面所の幅も広がり
 洗面台横にトールキャビネットが付くようになったこと。


UHさんが言ってきた道路側斜線や採光のことなど、
気になる部分を再度確認して貰うことにした。
この前SRさんに言った時もそうだったが
「え?道路側斜線に引っかかるの???」て感じだったので
なんだかUHさんの不手際?が目立つ感じ。
くろちゃんが「書斎も欲しい」って言ってるのを伝えたら、
厳しいような感じで困ってた。

来た当初は「早ければ明日の夜でも」って言ってたが
今日、いろいろと確認事項を言ったし、書斎のこともあるし、
何より他社がまだまだなので、新しい図面を見るのは
まだ先になりそうかな。

新しい図面も気になるけど、ね。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

SRさん間取り(2)

7月1日

14時、SRの営業Oさん登場。
敷地調査の結果を踏まえたうえでの、間取り提案なので
楽しみにしていたのだが・・・・。
前より小さくなってる・・・。
前回提案の間取りより、約3坪分家が縮小。
1階は、なんとかOKだとしても、2階はダメ。
バルコニーが3帖→2帖に減ったし。
何より、4帖半近くあったフリースペースが2帖に。
代わりに造作のカウンターテーブルあるのだけど・・・。
うーん、やっぱりダメだなぁ。

この「3坪分」がこれからのキーポイントになりそう。
何故、今回縮小されたのかと言うと、ズバリ「予算」。
最初に解体費用など含む総予算を伝えているので、
そこから、諸費用(オプション含む)を引いて
家本体の予算を出しているのだが・・、
今回の間取りでも、既に200万近くオーバー。
なんといっても坪単価が高い。
Oさんも「予算の方もう一声出ませんか?」なんて言う始末。
確かにうちのローン借り入れ金額には余裕がある。
Oさんもそこを言いたいのだろうが、それを言ったらNG。
「もういいです。お帰り下さい。」なんて
くろちゃんが言う可能性大。
今回も「決算で頑張ってください」なんて言ってたし。
そこは、さすがSRさんの営業。
Oさんも「キャンペーンとか良い話がないか探っていますので
いいお話が出来るように頑張ります。」と話を締める。

オプションの話が出たので、
SRさんの標準設備の一覧のような物も見せて貰った。
実物を見て、仕様を確認しないといけないが
キッチンなど水周りではそれ程オプションは要らないかも。
ただ、屋根やエコキュート・浄化槽など
家としての機能に関する部分で200万近くなってしまうので
既に、「あれ欲しい、これ欲しい」が言えない状態。
内装で、是非つけたい物があるのだけどなぁ。
1階床を無垢にするのに40万というのは、
思っていたより安いかも。
希望のバンブーが叶いそうだ。

住まいブログに参加しました。
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »